メインメニューを開く

舞岡町

神奈川県横浜市戸塚区の町名

舞岡町(まいおかちょう、: Maioka-chō)は横浜市戸塚区の町名。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[5]郵便番号は244-0813[3]

舞岡町
舞岡小学校付近の舞岡川
舞岡小学校付近の舞岡川
舞岡町の位置(横浜市内)
舞岡町
舞岡町
舞岡町の位置
舞岡町の位置(神奈川県内)
舞岡町
舞岡町
舞岡町の位置
北緯35度24分8.59秒 東経139度33分4.8秒 / 北緯35.4023861度 東経139.551333度 / 35.4023861; 139.551333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
戸塚区
面積
 • 合計 2.377km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 7,585人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
244-0813[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

地理編集

 
舞岡ふるさと村指定区域。左奥の白いビル付近に地下鉄舞岡駅がある

戸塚区東部に位置し、面積は2.377km2[1]。南北に長く、地域南部にある舞岡公園付近を源流とする舞岡川が町南部から北部へと流れ、谷戸を形成している。町域の中部及び南部のほぼ全域が市街化調整区域とされ、町の中部から南部にかけて農業保護、振興及び景観保全のために舞岡ふるさと村に指定されており農業が盛んある。さらに町の南部は舞岡公園舞岡ふるさとの森として緑地保全されている。北部側は国道1号にも近く宅地化されており用途地域第一種低層住居専用地域第一種住居地域準工業地域になっている。

歴史編集

沿革編集

かつての鎌倉郡舞岡村で、1889年(明治22年)に上柏尾・下柏尾・前山田・後山田・品濃・平戸の各村および永谷村飛び地と合併、川上村となる。1939年(昭和14年)4月1日に横浜市戸塚区に編入され、戸塚区舞岡町が新設された。地名の由来ははっきりしないが、古くは腰村と呼ばれていたが、1302年に白旗が空に舞った吉事にちなみ舞岡に変わったと言われ[6]、延慶2年(1309年)に南条時光が資産を嫡子南条時忠譲った書面に「まいおか」と記されている[7]。その後「前岡」も用いられ、後北条氏の作成した小田原衆所領役帳[8]や、1737年の庚申塔に「前岡」の記述がみられる[9]。南部の一部は昭和40年台に宅地開発が行われた結果、1980年10月1日に南舞岡一~四丁目が新設され、舞岡町から分離した。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
舞岡町 3,337世帯 7,585人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

番地 小学校 中学校
1153番地、1159番地
1462番地、1472〜1474番地
横浜市立倉田小学校 横浜市立豊田中学校
1211〜1461番地、1463〜1471番地
1475〜1989番地、2445〜2943番地
2973〜2979番地、3043〜3045番地
3049〜3067番地
横浜市立南舞岡小学校 横浜市立日限山中学校
1090番地の1・5〜6
1091番地の1〜2・4
1091番地の6〜8、1092番地
1093番地の2〜4・6〜7
横浜市立東戸塚小学校 横浜市立舞岡中学校
3585番地の1〜5・8〜22
3587番地の1〜6・8〜9
3589番地の1〜2・12・35〜39
横浜市立柏尾小学校
その他 横浜市立舞岡小学校

交通編集

道路は町北部には県道横浜伊勢原線、中部には都市計画道路舞岡上郷線が、いずれも東西に通る。また都市計画道路上永谷大船線町の一部区間が整備中であり、道路交通網の結節点となっている。さらに中部から南部にかけて上永谷戸塚線の延伸計画があったが、舞岡ふるさとの森の緑地保全も考慮された計画見直しにより廃止となった[11]

町中部に横浜市営地下鉄ブルーライン舞岡駅がある。中部および南部は江ノ電バス横浜の複数の路線が地域内を経由し、また北部には神奈川中央交通舞岡営業所があり、そのどちらも戸塚駅へのバスを高頻度で運行している。

主な施設編集

教育機関編集

地域が南北に長いため小中学校の学区は地区内の舞岡小学校・舞岡中学校をはじめ隣接地域の複数の学校に設定されている。

企業編集

 
ニフコ本社と舞岡川

史跡編集

尾根沿い鎌倉街道(中の道)とされる古道があり、そのため源氏北条氏との関係のある史跡が残っている。また、北西端は東海道の旧道と接している。

  • 長福寺 - 北条政子が礼拝したと伝えられる十一面観世音菩薩が安置されている
  • 舞岡八幡宮 - 1302年創建。白旗空に舞う吉事を機に神社が建立されたとされる

脚注・参考資料編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市戸塚区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年8月6日閲覧
  6. ^ 戸塚区役所-舞岡八幡宮、2013年8月17日閲覧
  7. ^ 日本歴史地名大系第14巻「神奈川県の地名」、平凡社、1984年、183頁
  8. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  9. ^ 舞岡地区連合町内会・自治会 2013年8月25日閲覧
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  11. ^ 横浜市道路局 都市計画道路網の見直し(平成24年10月5日一部廃止)
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998