舞牙(ぶき、生年月日不明 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー。プロレス団体THE EXTREME FIGHTING STAGE COMBO所属。

舞牙
プロフィール
リングネーム 舞牙
THE KABUKI
本名 MERA[1]
ニックネーム

オリエンタル・ミステリー

令和に甦る東洋の神秘
身長 180cm
体重 108kg
誕生日 不明
出身地 アメリカ合衆国ロサンゼルス
所属 天龍プロジェクト
デビュー 2011年8月21日
テンプレートを表示

経歴編集

2011年折原昌夫タイの知り合いに地下格闘場でザ・グレート・カブキの子息と名乗っている格闘家がいると聞いてカブキは「アメリカ時代の前妻との息子とは20年以上会っていない」と語って天龍源一郎と共に対面。8月21日天龍プロジェクト新宿FACE大会でTHE KABUKIとして金村キンタローとタッグを組んで対藤田ミノル&NOSAWA論外組戦でデビュー。

11月10日、天龍プロジェクト後楽園ホール大会でカブキの復帰戦が行われて初めてタッグを組んだ。

2013年1月、リングネームを舞牙に改名。

2018年2月18日、かねてから参戦していた団体COMBO(主宰山本SAN)の正式所属となる。途中怪我により長期離脱もあったが2019年12月15日大会から復帰。2020年12月の新宿FACE大会では、セミファイナルを務めた上に当日欠場となった選手に代わりメインにも登場し団体所属としてのプライドを見せた。

人物編集

ザ・グレート・カブキを彷彿させる色使いのフェイスペイントを施し和柄のコスチュームを着用。入場の際は忍者頭巾を着用し、スポットライトの中でヌンチャク回しを披露する。時折、観客をクスっとさせるお茶目も見せるものの、本来のスタイルは主宰の山本SAN同様にオールドスクールなプロレスを好む。第1試合からメインまでこなせる器用さを持つが、そのファイトスタイルとキャラクターから基本的にはセミファイナル以上のスケールを持つレスラーである。

得意技編集

ジャックハマー
十八番固め
トラースキック
スライディングラリアット

タイトル歴編集

脚注編集