舞鶴要塞(まいづるようさい)とは、舞鶴鎮守府周辺に設置された大日本帝国陸軍要塞1897年明治30年)11月に建設が開始された。舞鶴港にある海軍施設の防衛を任としていた。

日清戦争で勝利した日本は、南進を続けるロシアを脅威とし、対露防衛の要として新舞鶴(現在の京都府舞鶴市東部)に海軍の軍事拠点、舞鶴鎮守府の建設を決定、それに先立ち1887年(明治20年)3月、舞鶴要塞地帯(葦谷砲台)の建設に着手、陸軍も同年11月に砲台建設と舞鶴要塞砲台大隊を駐屯させている。なお全工事の完了は1903年(明治36年)10月のことだった。日本陸軍の要塞としては、日本海側に設置された唯一の軍事要塞地帯のものであった。

舞鶴重砲兵連隊の敷地には現在日星高等学校が存在する[1]

沿革編集

  • 1889年(明治22年):第四海軍区鎮守府を舞鶴に設置する事を閣議決定。
  • 1897年(明治30年):舞鶴湾防衛を任とし舞鶴要塞建設着工。
  • 1898年(明治31年):舞鶴要塞司令部加佐郡余内村倉谷より同村上安久の敷地(現在の舞鶴税務署)に移転[1]
    • 11月28日:舞鶴要塞砲兵大隊は余内村に移転[2]
  • 1900年(明治33年)6月1日:舞鶴要塞司令部が余内村の庁舎に開庁[3]
  • 1901年(明治34年):舞鶴鎮守府、開庁。
  • 1903年(明治36年):全工事完了。
  • 1907年(明治40年):舞鶴要塞砲台大隊を舞鶴重砲兵大隊に改称。
  • 1936年昭和11年):舞鶴重砲兵連隊に昇格。
  • 1940年(昭和15年):陸軍中部軍創設により、中部第71部隊と改称。
  • 1945年(昭和20年):終戦。陸海軍、舞鶴要塞放棄。

歴代司令官編集

主要な施設編集

舞鶴要塞地帯の写真撮影編集

舞鶴要塞地帯は日本海側唯一となる軍事拠点、舞鶴港を防衛するためその港湾写真すら機密情報とされ、要塞地帯法(明治32年制定)、軍機保護法(同年制定)によって厳しく制限されていた。特に舞鶴軍港内を一般営業運転していた国鉄中舞鶴線では、車窓からは軍港が見えないよう、舞鶴軍需部(現在の舞鶴市役所)から海軍機関学校(現在の舞鶴地方総監部)に至る海岸側を、軍港遮蔽のため板塀が張りめぐらしていた。

脚注編集

  1. ^ a b 舞鶴の近代化遺産(旧舞鶴要塞施設)”. 舞鶴市 (2016年3月24日). 2018年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月12日閲覧。
  2. ^ 『官報』第4634号、明治31年12月9日。
  3. ^ 『官報』第5074号、明治33年6月4日『○陸海軍 ○要塞司令部開廳 佐世保要塞司令部ハ長崎縣肥前國東彼杵郡佐世保村ニ、舞鶴要塞司令部ハ京都府丹後國加佐郡餘内村廳舎ニ孰モ本月一日ニ開廳セリ』
  4. ^ a b 明治33年(1900年)7月31日『官報』第5123号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2 「○敍任及辭令…免本職補舞鶴要塞司令官 東京砲兵工廠提理陸軍少將 櫻井重壽 免本職補東京砲兵工廠提理 舞鶴要塞司令官陸軍少將 西村精一(以上七月二十九日內閣)」
  5. ^ a b 明治33年(1900年)7月31日『官報』第5123号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4 「○敍任及辭令…免本職補陸地測量部長 舞鶴要塞司令官陸軍少將 伊部直光 補舞鶴要塞司令官 陸軍少將 木村平太郎…(以上六月二日內閣)」
  6. ^ 『官報』第1794号、大正7年7月25日。
  7. ^ 『官報』第2692号、大正10年7月21日。
  8. ^ a b 『官報』第3696号、大正13年12月16日。
  9. ^ 『官報』第2765号、昭和11年3月24日。
  10. ^ 『官報』第2770号、昭和11年3月30日。

参考文献編集

関連項目編集