メインメニューを開く

舟田 正之(ふなだ まさゆき、1947年2月6日 - )は、日本法学者経済法学者。立教大学名誉教授。中国満州大連市出身。

目次

略歴編集

1969年東京大学法学部卒業。1969年同法学部助手。1972年立教大学法学部専任講師。1975年同法学部助教授。1982年同法学部教授。1987年法学部法学科長。2012年立教大学定年退職。同名誉教授。

この他に、日本エネルギー法研究所研究部長(1988-1996)・同理事(1999-2013)、郵政省電気通信審議会委員(1993-2001)、日本経済法学会理事長(2005-2011)、新司法試験考査委員などを務めた。現在も公正取引協会副会長(2008-)、電気通信普及財団理事(2012-)などを務める[1]

研究編集

経済規制法が専門。特に、電気通信事業法放送法電気事業法ガス事業法の研究など多岐に渡る。

主著編集

  • 『独占禁止法』共著 有斐閣 1983
  • 『通信新時代の法と経済』共編 有斐閣 1991
  • 『情報通信と法制度』有斐閣 1995
  • 『独占禁止法概説』共編 有斐閣 2000初版/2015第5版
  • 『不公正な取引方法』有斐閣 2009
  • 『放送制度と競争秩序』有斐閣 2011
  • 『電力改革と独占禁止法・競争政策』有斐閣、2014
  • 「取引開始時における優越的地位の濫用」立教法学98号、2018

編集

  1. ^ 佐々木卓也「舟田正之教授退職記念」『立教法学 85号』立教法学会 2012.5 3頁以下。『経済法の現代的課題 舟田正之先生古稀祝賀』金井貴嗣ほか共編 有斐閣 2017.5 683頁以下。

外部リンク編集

  • [1] - 立教大学研究者詳細
  • [2] - researchmap
  • [3] - 舟田の経済法ルーム