航海士(こうかいし)とは、航法(船の現在位置確定と航海計画策定)を行う船員

航海士の業務編集

近年の航海士は、航海当直に限らず船舶運航に関するあらゆる業務を担当している。担当業務の内容は船舶によって異なるが、一般に以下のような業務が割り当てられている。なお、甲板部主任者(一等航海士)の指示により、実際の業務は甲板部員が実施することもある。

航海当直編集

航海中、船長が直接指揮を執る場合を除き、航海士は船長から権限を委譲されて航海船橋における指揮を執る。

停泊当直編集

荷役作業編集

担当機器の管理編集

一般に、航海士が担当する機器として以下のようなものがある。

  • 航海計器
    • 磁気コンパス
    • ジャイロコンパス
    • 航海用レーダー
    • 電子海図情報表示装置(ECDIS)
  • 甲板機器
    • 操舵設備(操舵機、自動操舵装置、DPS、ジョイスティック操船システム)
    • 係船設備(錨、揚錨機、係船索、係船機)
    • 乗降装置(舷梯、ワーフラダー、パイロットラダー)
  • 救命設備
    • 救命艇
    • 救助艇
    • 救命筏
    • 救命浮環
    • 信号類
    • 救命胴衣
    • イマーションスーツ
    • 自蔵式呼吸具
    • EEBD
  • 消火設備
  • 荷役設備
    • ジブクレーン
    • デリック
    • 床上式クレーン、ホイスト
    • ランプウェイ
    • 貨物倉、貨物油タンク
  • 通信設備
    • VHF
    • MF/HF
    • Inmarsat C
    • EPIRB
    • SART
  • 生活・衛生設備
    • 清水系統
    • 飲料水系統
    • 汚水系統(トイレ・汚水処理装置、ビルジ系統)
    • バラスト水系統

文書管理編集

・法定文書編集

SOLAS関係、STCW関係、MARPOR関係等、国際条約や国内法で作成が求められる文書の作成・使用・保管を行う。

・社内文書編集

安全管理マニュアル(SMS)に記載されたチェックリスト等、船内で使用する文書の作成・使用・保管を行う。

危機対応編集

船内レクリエーション編集


関連項目編集