メインメニューを開く

航空ファン

航空を対象とする趣味を持っている人
航空機を眺める航空ファン

航空ファン(こうくうファン)とは、航空機、またはこれに関する事象を対象とする趣味(航空趣味)を持っているのことである。本項では、航空趣味の類型についても扱う。

航空趣味の分野編集

航空機そのものを対象編集

航空機調査・撮影編集

 
航空機を撮影する航空ファン

俗に「スポッター」と呼ばれる。空港やその近辺などで航空機をチェックしたり撮影したりする。イギリスなどでは特に写真を撮影するわけではなく、メモなどに機種と機体記号(機体番号)をメモするだけのことが多いという。航空機が見られる展望デッキや広場を設置している空港も多く、展望デッキとは別に空港管理会社や自治体がスポッター向けの場所を提供していることもある[1]

航空機搭乗編集

乗客として航空機に乗る。新型機・特別機・新サービスの導入、旧型機の退役、路線の新設・改廃時を狙うことが多い。国外で自国に乗り入れていない航空会社や路線就航していない機材に乗る、マイレージサービス会員の場合はポイント稼ぎや会員特典の獲得のためにフライトを重ねることもある(マイル修行も参照)。

時刻表・架空航空路編集

鉄道ファンと同じようにやはり航空路線について調べたり、航空機の運用など、時刻表を読む趣味。架空の路線をひいて楽しむ人もいる。

航空機操縦編集

実際に航空機を操縦する。フライトスクールなどに通い、航空機操縦免許を取得する。日本においては航空身体検査を受診し、問題ないという診断結果がないと操縦を行うことはできない。アメリカ合衆国では特に制限はなく、アメリカのフライトスクールの中には、飛行機操縦を有料で体験できるところもある[2]

航空機保有編集

趣味のために自家用機を購入する。維持費が比較的高価であることから、複数名で共同管理する場合も見受けられる。 日本においては自家用機向けの駐機場が設置されている地方空港に駐機するのが普通だが、アメリカ等の国土が広い国では富裕な航空ファンが私有地に滑走路を設置するケースもある。

航空無線傍受編集

航空交通管制の内容を傍受する。ただし、国によっては傍受を法律で禁止している国もあり、そういった国ではこの分野の趣味は不可能である。なお、日本では、傍受した内容を許可なく第三者に漏らすことは電波法により禁止されているが、傍受そのものは禁止されていない。航空雑誌などで、初便の交信内容などが掲載されていることがあるが、これは正規に許可を得たものである。 民間航空における航空無線の周波数は一般にも公開されており、日本においては国土交通省のサイトなどで閲覧できるほか航空ファン向けのガイドブックには周波数・コールサイン一覧表も掲載されている。 航空機撮影においては、無線を傍受することで、撮影対象の航空機の位置や使用する滑走路の情報などを確認することもある。 近年はFlightradar24といったレーダー傍受サービスを利用し、飛行中の航空機をウォッチする者も存在する。

航空雑誌編集

グッズ収集編集

搭乗記念の絵葉書や乳幼児用のおもちゃ(ギブアウェイ)など無料で入手できるものから、空の日のイベントなどで販売している場合で安価な物ではブランケットや機内食で使う小鉢やお皿など。高価なものでは機内食カートや座席など実機で使用された装備品や中古部品まで幅広い。収集した部品を組み合わせ、航空機の機内を自宅で再現するファンも存在する[3]

模型編集

航空機に関係する著名人編集

  • 坪田敦史(航空ジャーナリスト。著書多数、テレビ、ラジオにも出演)
  • 青木日出雄(航空ジャーナリスト、航空ジャーナルの創刊者)
  • 青木謙知(青木日出雄の長男、航空ジャーナリスト、航空ジャーナルの元編集長)
  • チャーリィ古庄(航空写真家、航空ジャーナリスト)
  • ルーク・オザワ(航空写真家)
  • 斉藤茂太(精神科医。文筆家、航空ファンとしても知られ、飛行機に関するエッセイも執筆した)
  • 新谷かおる(漫画家)
  • 宮崎駿(アニメ映画監督、航空ファンとしても知られる)
  • ハワード・ヒューズ
  • ジョン・トラボルタ - ボーイング747など大型旅客機を含む9機種の操縦免許を保有しており、世界各国を訪問するプロモーションが行なわれた際には、自身の所有するボーイング707を自ら操縦した[4]。自宅にはボーイング707を含む自家用機発着のための滑走路がある。
  • ブルース・ディッキンソン - アイアン・メイデンヴォーカリスト。過去にはアストライオス航空のパイロットであり、ワールドツアーでは自らが操縦桿を握って巡業した。
  • 桂文珍 - 落語家。自家用機「スピード・カナード」を保有(この機種は日本では1機のみの登録)。
  • 遠藤章造 - お笑い芸人(ココリコ)。航空ファンで、離陸音だけで旅客機の型式が分かるという特技を持ち、「未来創造堂」で披露した事がある。
  • 相田翔子 - 2009年9月1日放送分の明石家さんまの司会番組『踊る!さんま御殿!!』内のコーナー「マニア芸能人」にて「軍用機が好き」、「厚木基地や百里基地に朝から戦闘機?を見に行く」と話した。
  • 竹山隆範(カンニング竹山) - 航空ファン向け雑誌「月刊エアライン」に記事を連載している。
  • 和田光太郎(NHKアナウンサー) - 主に旅客機好き。NHKで自身が企画しパーソナリティを務める「ヒコーキ・ラジオ」シリーズを担当。自宅には飛行機の座席もある[5]
  • 鈴木絢音 - アイドル(乃木坂46)。飛行機全般が好きである。特に好きな飛行機はエアバスA380。飛行機好きになりたての頃はB787が好きだった。

脚注編集

  1. ^ 月刊エアライン2004年10月号の「空港WALKER・インターナショナル」によると、オランダアムステルダム・スキポール空港の外周には、「Spottersplaats」と称した、飛行機を観察・撮影するための場所が用意されている。
  2. ^ アメリカ・カリフォルニア州にあるフライトスクール[1]のサイトにも「体験飛行」のメニューがある。
  3. ^ 自宅のガレージにパンナムのファーストクラスの客室を再現してしまった男性 - GIGAZINE(2009年10月28日)
  4. ^ サンケイスポーツ2002年7月30日付けの記事による。
  5. ^ NHKウイークリー ステラ2015年11月18日発売号

関連項目編集

参考文献編集

  • 坪田敦史[2]「新版 よくわかる!軍用機の基礎知識」(イカロス出版)
  • 月刊エアライン」各号(イカロス出版)
  • 徳田忠成「機長席への招待状」(イカロス出版)
  • 谷川一巳「世界の『空港』物語」(主婦の友社)
  • 藤田勝啓「ハワード・ヒューズ ヒコーキ物語」(イカロス出版)