航空宇宙産業

航空機産業から転送)

航空宇宙産業 (Aerospace Industry) とは、航空機や航空機の部品、ミサイルロケット宇宙船を製造する産業である。この産業には、設計、製造、テスト、販売、整備などの工程がある。その規模が大きければ部分的に関わる企業組織が存在する。

目次

世界における航空宇宙産業編集

ヨーロッパでは、EADSBAE システムズタレスダッソーサーブフィンメッカニカといった大手の航空宇宙企業がシェアを占める中、その最大のカスタマーは欧州宇宙機関で、多数の国が参加している組織である。ロシアではオブロンプロム統一航空機製造会社が最大の組織、アメリカ合衆国では国防総省NASAが代表的なカスタマーであり、ボーイングユナイテッド・テクノロジーズロッキード・マーティンなどが主要な企業である。このほかにもブルーオリジンスペースXなど商業有人宇宙飛行を目指すベンチャー企業が設立されている。

それら民間企業の拠点は、アメリカのシアトルセントルイスイギリスランカシャーブリストルカナダモントリオールドイツハンブルクフランストゥールーズブラジルサン・ジョゼ・ドス・カンポスなどがある。

日本における航空宇宙産業編集

日本における航空宇宙産業は主に国内の総合重機械産業を中心に呼称される場合が多い。特に、三菱重工業川崎重工業富士重工業IHIの4重工は自社内に航空宇宙輸送機の開発・製造を行う事業部を保有している。三菱航空機三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所名古屋誘導推進システム製作所などの拠点、自衛隊の基地の横に隣接する川崎重工業の岐阜工場や名古屋第一工場、名古屋第二工場がある愛知県岐阜県、関西では川崎重工の航空エンジン事業部門のある明石工場や西神工場、新明和工業の救難飛行艇などの航空機事業部となる甲南工場などがある兵庫県、関東圏ではIHIの航空エンジン製造拠点が東京近郊に存在しており、宇都宮には富士重工業の一大航空機製造拠点がある。

近年では航空機の機体一部製造にとどまらず、川崎重工業では自衛隊の完成ジェット航空機であるP1哨戒機やC2輸送機を開発完了・製造されており、三菱重工業ではMRJといった民間航空機を開発完了・製造開始目前という段階になっていることから、鉱山、鉄鋼、造船、自動車、電機、ITと変遷してきた主軸産業で次世代の主軸産業となることは確実視されている。日本国政府も国家の経済力・防衛力に大きく寄与することから専門の法整備や補助金などを配賦するなど育成に強く乗り出している。

関連項目編集

文献編集

  • ジョン ニューハウス著 航空機産業研究グループ訳 『スポーティーゲーム―国際ビジネス戦争の内幕』學生社 (1988/12) ISBN 978-4311600142
  • John,Newhouse. The Sporty Game: The High-Risk Competitive Business of Making and Selling Commercial Airliners 1982. ISBN 978-0394514475

外部リンク編集