メインメニューを開く

航空館boon(こうくうかんブーン)とは、愛知県西春日井郡豊山町神明公園内にある、豊山町立の航空機関係の資料館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 航空館boon
AM boon.jpg
航空館boonの位置(名古屋市内)
航空館boon
航空館boonの位置
航空館boonの位置(愛知県内)
航空館boon
航空館boonの位置
航空館boonの位置(日本内)
航空館boon
航空館boonの位置
施設情報
正式名称 航空館boon[1]
専門分野 航空機
事業主体 豊山町
管理運営 豊山町
開館 2005年4月1日
所在地 480-0201
愛知県西春日井郡豊山町大字青山字神明120-1
位置 北緯35度15分41.94秒 東経136度54分57.58秒 / 北緯35.2616500度 東経136.9159944度 / 35.2616500; 136.9159944座標: 北緯35度15分41.94秒 東経136度54分57.58秒 / 北緯35.2616500度 東経136.9159944度 / 35.2616500; 136.9159944
外部リンク 航空館boon
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

 
愛知県豊山町航空館boonに展示されるMU-2A

名古屋空港の県営化に伴い、空港内にあった「名古屋空港航空宇宙館」が2004年10月31日で閉鎖された。その館内に展示されていた様々な資料のうち、借用品で所有者に返還されたもの以外のものの移転先として、愛知県によって神明公園内に整備された。管理運営は、豊山町が行なっている。 実物の飛行機三菱重工業MU-2A)やヘリコプター(元中日新聞社社機「あさづる」川崎ヒューズ式369HS型)、飛行機のエンジンなどが展示されている。また、実物の飛行機に使われている部品の一部(三菱F-2シコルスキー/三菱(ライセンス生産UH-60JH-IIAロケット等の部品に使用される素材のサンプルやボーイング777のドアパネル等)も展示されている。

県が名古屋飛行場内に整備する航空展示施設あいち航空ミュージアムでは、当施設を含む地域全体をフィールドミュージアムとして連携して活用する計画である。

歴史編集

施設編集

  • 飛ぶ発見
  • 空への挑戦
  • 愛知県の航空宇宙産業
  • フライトシミュレータ
  • スカイライブラリー
  • キッズスクエア
  • 学習室
  • 実機展示スペース - 三菱MU-2A3号機と川崎ヒューズ式369HS型が展示。
  • 展望デッキ

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集