メインメニューを開く

船場 太郎(せんば たろう、1939年11月8日 - )は、日本コメディアン政治家。本名・松原 昌平大阪府大阪市旭区出身。

船場太郎
せんば たろう
生年月日 (1939-11-08) 1939年11月8日(80歳)
出生地 大阪府大阪市旭区
出身校 大阪府立旭高等学校
所属政党 自由民主党
称号 旭日小綬章

当選回数 6回
在任期間 1991年 - 2015年
テンプレートを表示

来歴・人物編集

大阪府立旭高等学校を卒業後、和田弘とマヒナスターズのバンドボーイとなる。初舞台は1959年2月11日日劇で行われた「第2回 日劇コーラスパレード」というショウのイベントであった。そのイベントはザ・ピーナッツの初舞台でもあった。

のちに喜劇に転じ「マヒナ太郎」を名乗る。その後劇団・笑いの王国に在籍、花登プロダクションを経て、1965年吉本新喜劇に入団。

「せん、ばたろうです」「クワ〜クワ〜クワ〜」のギャグで人気者となり、主に二枚目役を演じ、座長も務めた。岡八朗花紀京原哲男木村進(三代目博多淡海)・間寛平等と共に活躍。『吉本新喜劇やめヨッかな?キャンペーン』後は脇役に回り、1991年に退団した。

同年、大阪市議選(都島区選挙区)から無所属で立候補し当選。その後自由民主党に入党。4期目の2003年5月21日から1年間2004年5月27日まで第99代大阪市議会議長を務めた[1]

2005年10月25日、市政改革のため關淳一大阪市長が突如辞任した大阪市長選挙で、船場は所属する自由民主党からも市議会与党の公明党からも推薦を得られなかったにもかかわらず、關に対抗して市長選への立候補を表明した[2]。しかしその後、關が支援を予定していた職員組合との選挙協力を断ち切ったため、船場は10月28日に市長選へ立候補しないことを表明した[3]

大阪市議会議員を連続6期24年務め、元都島区長の荒木肇を事実上の後継に据える形で2015年の大阪市議会議員選挙には立候補しなかった[4](なお、荒木は2019年4月8日に行われた市議会議員選挙で大阪維新の会・公明党の候補に破れた。また、同じく都島選挙区の花谷充愉は府議会議員選挙で魚森豪太郎に敗れている)。

2019年11月3日発令の秋の叙勲旭日小綬章を受章[5]

脚注編集

外部リンク編集