船山 基紀(ふなやま もとき、1951年1月13日[1] - )は、東京都目黒区出身[2]作曲家編曲家キーボーディスト音楽プロデューサー

船山 基紀
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
ニューミュージック
歌謡曲
ユーロビート
アニメソング
職業 作曲家
編曲家
キーボーディスト
音楽プロデューサー
活動期間 1974年 -
公式サイト 船山基紀オフィシャルウェブサイト

略歴編集

東京都目黒区に生まれる[2]。幼い頃から譜面と地図が大好きで[3]中野区立谷戸小学校[注 1]では音楽部鼓笛隊に所属し大太鼓を担当[4]早稲田大学高等学院から早稲田大学政治経済学部経済学科へ進み[2]、大学時代はハイソサエティ・オーケストラに所属しサックス奏者(コンサートマスター[2])として活動する[3]。また、3年の時からアルバイトでヤマハ音楽振興会でポピュラーソングコンテストの仕事をして編曲の基礎を学ぶ[2]。その後、大学は中退するが[2]1974年からフリーの作・編曲家として活動を開始[2][3]。デビュー作は中島みゆきアザミ嬢のララバイ[5]

1977年沢田研二勝手にしやがれ」が、第19回日本レコード大賞を受賞[2][3]。1981年から2年間はロサンゼルスに活動拠点を移し[3]、そこで出会ったフェアライトを帰国後に導入[2][3]。コンピューターを使った新しいスタイルで、C-C-B中山美穂小泉今日子松本伊代Wink森川由加里等、1980年代に活躍したアイドルやミュージシャンの楽曲を数多く手がける[2][3]。特に作曲家・筒美京平作品の編曲数は最も多く、数々の賞を受賞している。

1990年代以降は、アニメソングCMソングジャニーズタレント[6]ミュージカルなどの舞台音楽制作を手がけている。

2014年には増崎孝司とユニットを組み、『Moto&Masu』名義でCDもリリースしている。

2019年時点で編曲した曲は2700曲を超え、歴代編曲家シングル総売上は小室哲哉に次ぐ2位[6]

2021年4月17日・18日、『〜筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト〜 ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート』が東京国際フォーラムにて開催された。全編、筒美が手掛けたヒットナンバーで構成され、29組の歌手・アーティストが出演して歌い上げた。この日のために日本を代表する実力派ミュージシャンによって結成されたバンド「船山基紀とザ・ヒット・ソング・メーカーズ」が演奏を担い、指揮と音楽監督を船山が務めた[7][8]

楽曲作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行以降編集

ジャニーズ事務所関連編集

ディスコグラフィー編集

船山基紀

  • 船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション(2020年12月16日、SME) - 4CD+歌詞ブックレット38P+解説ブック100P

MOTO & MASU - 船山基紀と増崎孝司によるユニット

アルバム
  • LAWN BOYS GO TO MANHATTAN(2014年5月7日、78LABEL)
  • Te Quiero(2015年7月22日、78LABEL)

舞台編集

出演編集

関連書籍編集

  • DU BOOKS『ニッポンの編曲家 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち』(川瀬泰雄・吉田格・梶田昌史・田渕浩久 著)2016年 ISBN 978-4-907583-79-8

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同級生には歌手のイルカがいる[4]

出典編集

  1. ^ 『船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション』稀代の作曲家・船山基紀の軌跡をまとめた日本のポピュラー音楽史。”. otonano by Sony Music Direct(Japan)Inc. (2020年). 2020年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 歴代編曲家シングル総売上2位! 船山基紀が綴るヒットの極意 『ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代』刊行”. 時事ドットコム (2019年). 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j プロフィール”. 船山基紀オフィシャルウェブサイト. 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ a b アルバム情報その5!「フナヤマ君とアタシ」との超〜ミラクル!!知りたい?”. イルカ公式サイト. お知らせ. イルカオフィス. 2018年8月20日閲覧。
  5. ^ 2700曲もアレンジした人気編曲家・船山基紀、最初の一曲は超有名アーティストのデビュー曲だった”. 日刊SPA! (2019年11月14日). 2020年10月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e 船山基紀 (2019年10月17日). 『SHOCK』編曲家明かす「堂本光一に託されたジャニーさんの夢」. インタビュアー:岡野誠. 女性自身.. https://jisin.jp/entertainment/interview/1785991/ 2019年10月20日閲覧。 
  7. ^ ~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート 東京国際フォーラム ホールAにて2DAYSで開催決定!!”. PR TIMES (2021年3月8日). 2021年4月18日閲覧。
  8. ^ 『 筒美京平の世界 in コンサート』公式サイト
  9. ^ 愛に走れ・真夜中のピエロは ブーツをぬいで朝食を/西城秀樹 収録曲
  10. ^ ポップンガール・ヒデキ 収録曲
  11. ^ CRYSTAL LOVE/西城秀樹 収録曲
  12. ^ 33才 (西城秀樹のアルバム)
  13. ^ Living Like a Gypsy・流されて〜永遠より遠い夏〜・すれ違いは Golden Earrings 収録曲
  14. ^ 輝き続ける中島みゆき”. 2021年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。

外部リンク編集