メインメニューを開く

船曳 建夫(ふなびき たけお、1948年2月18日 - )は、日本の文化人類学者東京大学名誉教授

目次

人物編集

東京都出身。妻は株式会社東京デザインセンター代表取締役社長船曳鴻紅。娘に建築家船曳桜子(船曳桜子建築設計主宰)、映画監督船曳真珠。実姉の船曳由美は編集者、エッセイストで、岸田秀の妻。

ベストセラーとなった『知の技法』シリーズの編者の一人として知られている。

略歴編集

  • 1966年 - 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業。
  • 1970-71年 - パリ第4大学留学
  • 1972年 - 東京大学教養学部教養学科文化人類学卒業
  • 1974年 - 同大学院社会学研究科文化人類学修士課程修了
  • 1977-81年 - ケンブリッジ大学大学院社会人類学博士課程在籍。
  • 1982年 - 同修了(Ph.D)。論文題目は、Mbotogote Ritual: A Study on the Ritual Life and Social Organization of the Mbotogote in the Interior Region of Malekula Island, Vanuatu
  • 1983年 - 東大教養学部講師(文化人類学)
  • 1985年 - 同助教授 
  • 1994年 - 同教授
  • 2012年 - 定年退任、同名誉教授 

メディア出演編集

その他、船曳建夫オフィシャルサイト:放送・メディアを参照。

著書編集

単著編集

編著編集

共編著編集

その他編集

関連項目編集

外部リンク編集