メインメニューを開く

船越 光之丞(ふなこし みつのじょう、1867年3月16日(慶応3年2月11日[1][注 1])- 1942年昭和17年)8月14日[1][2])は、明治から昭和期の外交官政治家華族貴族院男爵議員

経歴編集

安芸国、のちの広島県安佐郡[3](現広島市)で、広島藩士・船越衛の長男として生まれる[1][4][5]。父の死去に伴い、1914年1月29日、男爵を襲爵した[1][5][6]

1881年二松学舎に入学し漢学を修め、1883年獨逸学協会学校に入学[3]1886年3月から1893年12月までドイツ帝国に私費留学し[4][7]、1893年8月、ドクトルの学位を受けた[4]

1894年9月、外交官及領事官試験に合格し[3][4]領事官補に発令されウラジオストック在勤となる[4]。以後、釜山サンフランシスコイギリスオーストリアドイツで勤務した[2][3][4]日露戦争時には公使館二等書記官としてオーストリア在勤で、諜報事務に従事した[4][5]1909年9月、外務書記官・文書課長兼記録課長に就任[4]1912年4月、大使館参事官としてドイツ在勤となるが、1914年8月、第一次世界大戦におけるドイツ断交によりベルリンを退去した[3][4][5]。同年11月、独立第18師団司令部付となり青島の戦いに従軍し[4][5]1916年3月、特命全権公使・メキシコ駐箚の発令を受けたが赴任せず、同月に退官した[3][4]

1916年3月、貴族院男爵議員補欠選挙で当選し[8]公正会に所属して活動し、1932年7月まで三期在任した[2]

著作編集

  • 述、関野直次編『日独国交断絶秘史』日東書院、1934年。

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『日本近現代人物履歴事典』451頁では慶応3年2月21日。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』下巻、459-460頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』83頁。
  3. ^ a b c d e f 『新版 日本外交史辞典』893頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『日本近現代人物履歴事典』451頁。
  5. ^ a b c d e 『人事興信録』第13版 下、フ93頁。
  6. ^ 『官報』第450号、大正3年1月30日。
  7. ^ 『幕末明治海外渡航者総覧 第2巻 (人物情報編)』292頁。
  8. ^ 『官報』第1082号、大正5年3月13日。

参考文献編集

  • 郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 手塚晃・国立教育会館編『幕末明治海外渡航者総覧 第2巻 (人物情報編)』柏書房、1992年。
  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。


日本の爵位
先代:
船越衛
男爵
船越(衛)家第2代
1914年 - 1942年
次代:
船越光輔