艦隊情報群(かんたいじょうほうぐん、英称:Fleet Intelligence Command)とは、海上自衛隊自衛艦隊に属する部隊である。

艦隊情報群
Fleet Intelligence Command
Fleet Intelligence Command emblem.jpg
創設 1997年(平成9年)1月20日
(情報業務群)
再編成 2020年(令和2年)10月1日
(艦隊情報群)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
所在地 神奈川県 横須賀市
上級単位 自衛艦隊
テンプレートを表示

概要編集

1997年(平成9年)1月20日情報本部の創設とともに情報業務群として編成された海上自衛隊唯一の情報専門部隊である。

2020年(令和2年)10月1日付で「情報業務群」を廃止し、「艦隊情報群」を新編。作戦情報支援隊、電子情報支援隊、基礎情報支援隊を廃止し、「作戦情報隊」、「電磁情報隊」を新編[1][2]。艦隊情報群の新編により、定員は約200人から約230人に増強し、部隊の統合による業務の効率化を図り、電磁波情報などの収集・分析能力を向上させ、自衛艦隊に対する情報支援機能が強化された[3][4]

主たる任務は艦艇・航空機を運用している自衛艦隊、地方隊等の部隊に必要な作戦情報を分析し、配布することである。

司令部は船越地区(神奈川県横須賀市船越町7-73)の「海上作戦センター」内におかれており[1]、艦隊情報群司令は1等海佐(一)[5]をもって充てられている[6]

編成編集

  • 艦隊情報群司令部(船越地区)
    • 情報統括室
    • 作戦情報隊(船越地区)
      • 総務科
      • 作戦情報第1科
      • 作戦情報第2科
      • 作戦情報第3科
      • 電計科
    • 電磁情報隊(船越地区)
      • 総務科
      • 電計科
      • 電磁情報第1科
      • 電磁情報第2科
      • 研究指導科

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
艦隊情報群司令 1等海佐 大久保勝司 2020年10月01日 情報業務群司令
首席幕僚 1等海佐 大嶽和弘 2021年03月15日 海上幕僚監部指揮通信情報部情報課
情報班長
作戦情報隊司令 1等海佐 近藤俊明 2020年10月01日 作戦情報支援隊司令
電磁情報隊司令 1等海佐 藤井健一 2020年10月01日 電子情報支援隊司令
歴代の群司令
(1等海佐(一))
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
情報業務群司令
1 青柳亀平 1997.1.20 - 1999.3.28 西南学院大
17期幹候
第111航空隊司令
→1996.3.31
海上幕僚監部調査部勤務
退職(海将補昇任)
2 児玉和敏 1999.3.29 - 2000.12.7 防大12期 海上自衛隊幹部候補生学校副校長
3 吉村研二 2000.12.8 - 2002.7.31 防大14期 大湊警備隊司令
4 関口英雄 2002.8.1 - 2004.3.31 防大16期 情報本部情報官
5 宮崎行隆 2004.4.1 - 2005.7.27 防大20期 海上幕僚監部調査部調査課長 第3護衛隊群司令
6 小原久志 2005.7.28 - 2006.8.3 防大18期 横須賀教育隊司令 退職(海将補昇任)
7 横山史朗 2006.8.4 - 2008.7.31 防大19期 情報本部情報官
8 島田正登 2008.8.1 - 2009.11.30 防大22期 システム通信隊群司令 自衛隊指揮通信システム隊司令
9 末次富美雄 2009.12.1 - 2011.7.31 海上自衛隊幹部学校計画課長 退職(海将補昇任)
10 原田哲郎 2011.8.1 - 2014.1.17 防大24期 自衛艦隊司令部後方主任幕僚 退職(海将補昇任)
11 鎌形義憲 2014.1.18 - 2014.12.14 専修大
34期幹候
自衛艦隊司令部勤務 第21航空群司令
12 水間貴勝 2014.12.15 - 2017.7.31 東京商船大院
36期幹候
作戦情報支援隊司令 退職(海将補昇任)
13 森 浩 2017.8.1 - 2018.12.2 防大29期 徳島教育航空群司令 退職[7]
14 井上高志 2018.12.3 - 2020.3.26 東北学院大
43期幹候
情報本部勤務 自衛艦隊司令部付
15 大久保勝司 2020.3.27 - 2020.9.30 航空集団司令部訓練主任幕僚 艦隊情報群司令
艦隊情報群司令
01 大久保勝司 2020.10.1 - 情報業務群司令

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集