メインメニューを開く

良い子の友と少國民の友

小学館の学習雑誌 > 小学館の学年別学習雑誌 > 良い子の友と少國民の友

良い子の友』(よいこのとも)と『少國民の友[1](しょうこくみんのとも)は第二次世界大戦から被占領期の日本で発行されていた月刊誌小学館の学年別学習雑誌が戦時統制により2誌に統合されたものであり、戦後の小学生に相当する国民学校生向けに小學館[2]が編集・発行。

共に1942年2月に創刊され、低学年向けの『良い子の友』が1950年3月まで、高学年向けの『少國民の友』が1948年11月まで発行された。

略歴・概要編集

1941年(昭和16年)の国民学校令(昭和16年勅令第148号)に基づき、従来の尋常小学校高等小学校尋常高等小学校は、すべて国民学校とされた[3]。これにしたがって、出版社の小学館は、学年ごとにタイトルを持っていたいわゆる「小学館の学年別学習雑誌」のタイトルをそれぞれ、学年ごとに『國民一年生』 - 『國民六年生』と改称した[4]

1942年(昭和17年)2月の太平洋戦争による「戦時統制」で、低学年向けの『良い子の友』と高学年向けの『少國民の友』との2誌に統合されたことで、創刊された[4]

戦後1946年(昭和21年)に、『小学一年生』 - 『小学六年生』が復刊した[4]が、『良い子の友』は1950年(昭和25年)3月まで、『少國民の友』は1948年(昭和23年)11月まで発行され、それぞれ休刊となった。

おもな執筆陣編集

関連事項編集

編集

  1. ^ 1949年4月28日内閣告示の「当用漢字字体表」による表記は『少民の友』。
  2. ^ 小学館の旧表記。
  3. ^ 国民学校」の項の記述を参照。
  4. ^ a b c 小学館の学年別学習雑誌」の項の記述を参照。

外部リンク編集