良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう、英:Benign paroxysmal positional vertigo:BPPV)は、耳石の異常により起こると考えられている末梢性めまいである。1921年にRobert Baranyによって報告された。めまい専門外来で診る末梢性めまいの約40%を占めるという報告がある[1]。性差では女性に多く[2]、50代から60代が最も多いが、頭部外傷に誘発される事があり10代でも発症する[2]

良性発作性頭位めまい症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
耳鼻咽喉科学, 神経学
ICD-10 H81.1
Patient UK 良性発作性頭位めまい症
テンプレートを表示

定義(概念)編集

特定の頭位を取るか頭位を変換する(頭の向きを変える、寝た状態から起きあがる等)ことで数秒から十数秒(通常は1分未満[3])の回転性めまいを生じ、安静によって沈静化する特徴を持つ。再び頭位を変換することで回転性めまい眼振が誘発される。しばしば嘔吐を伴う。蝸牛症状(難聴耳鳴など)は見られない。

分類編集

  • 後半規管型(主)
  • 外側半規管型

原因編集

かつてはクプラ(cupula)への耳石の付着が原因と考えられていたが、半規管内での耳石の浮遊が原因と解明された[2]

耳石が剥がれ移動する原因として、

  • 加齢[3]
  • 耳の感染症[3]
  • 頭部または耳のけが[3]
  • 長期間の床上安静[3]
  • 耳の手術[3]
  • 他の内耳の病気(メニエール病など)[3]
  • 内耳につながる動脈の閉塞[3]

重野ほか(2000)は、睡眠時にいつも同じ方向を向いて寝る習慣のある人は発症しやすいと報告した[4]

診断編集

回転性めまいのうち「頭を動かしたときのみ起きる」「じっとしていると30秒以内で止まる」「何度も頭を動かしていると軽くなっていく」等の症状があれば、まずこれを疑う。

  • Nylen-Barany試験でめまいが誘発され、持続時間が十数秒以内であるほか、蝸牛症状が存在しないことを確認すれば診断が確定する。
  • Dix-HallPike test
患側を診断するために行う。患側が判明したら、このままEpley maneuverにうつり、治療する。
  • 患者をベッドなどに座らせ、頭を患側として疑われる左右のいずれかに45度回旋させる。
  • 患者の頚部の回旋を維持したまま患者を背臥位にして、眼振・めまいが誘発されれば陽性で、下になった側が患側。
  • 症状がみられなければ、反対に回旋させて試す。
  • 3つの質問で高い精度で診断できたという報告がある。
患者に(1)周囲あるいは自分が回転しているような感覚があったか、(2)めまいはほとんどの場合頭の動きに伴って生じたか、(3)めまいの持続時間は3分未満であったか、の3つについて質問した。3問すべてに「はい」と答えた患者の80%がBPPVと診断された(陽性適中度)。これらの質問いずれかに「いいえ」と答えた患者の94%はBPPVではなかった。(陰性適中度)この3つの質問による診断は、感度87%、特異度90%であった[5]

鑑別すべき疾患としては「メニエール病」、「前庭神経炎」、「脊髄小脳変性症」、「小脳腫瘍」、「小脳障害[6]」などがある。

治療編集

半規管内の浮遊物を卵形嚢に戻す浮遊耳石置換法(エプリー法英語版)が有効な治療法である。また、めまいが起こる頭位を取れば改善していくので、安静は避ける。

予後編集

良い。

診療科編集

耳鼻咽喉科

参考文献編集

  • 植村研一『頭痛・めまい・しびれの臨床―病態生理学的アプローチ』医学書院。ISBN 978-42601172722012年2月29日閲覧。

出典編集

  1. ^ 二木隆:めまいの診かた・考えかた、医学書院、2011
  2. ^ a b c 武 憲昭, 「良性発作性頭位めまい症 -臨床疫学と病態生理-」『耳鼻咽喉科臨床』 94巻 9号 2001年 p.763-776, doi:10.5631/jibirin.94.763
  3. ^ a b c d e f g h 良性発作性頭位めまい症 MSDマニュアル家庭版
  4. ^ 重野浩一郎, 奥竜太, 隈上秀高, 小林俊光, 「良性発作性頭位めまい症と睡眠頭位」『Equilibrium Research』 59巻 3号 2000年 p.236-242, doi:10.3757/jser.59.236
  5. ^ Kim H-J et al. "Questionnaire-based diagnosis of benign paroxysmal positional vertigo." Neurology 2020 Mar 3; 94:e942, doi:10.1212/WNL.0000000000008876.
  6. ^ 近藤貴仁, 小川恭生, 大塚康司 ほか, 「原著 良性発作性頭位めまい症として治療されていた後下小脳動脈領域の小脳梗塞例」『Equilibrium Research』 69巻 4号 2010年 p.213-217, doi:10.3757/jser.69.213

関連項目編集


外部リンク編集