メインメニューを開く

色づく街』(いろづくまち)は、南沙織通算9枚目のシングル1973年8月21日発売。発売元はCBS・ソニー

色づく街
南沙織シングル
初出アルバム『20才まえ
B面 秋の午後
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POPアイドル歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 作詞: 有馬三恵子
作曲: 筒美京平
プロデュース 酒井政利
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1973年度年間37位(オリコン)
南沙織 シングル 年表
カリフォルニアの青い空
1973年
色づく街 
(1973年)
ひとかけらの純情
(1973年)
テンプレートを表示

解説編集

テレビ番組やラジオでは秋になると流れる機会が増える楽曲。シンシア自身も「南沙織の代表曲のひとつ」とコメントしている程である[1]三田寛子高橋真梨子水野美紀ら、ベテラン歌手から新人アイドルまで様々な歌い手がレコーディングしており、デビュー曲「17才」などと共にカヴァーされる事が多い。

本楽曲で『第24回NHK紅白歌合戦』に出場をした(通算3回目)。また、『第42回NHK紅白歌合戦』に特別出場した際もこの曲が歌われた。それら映像は、2006年6月14日発売の35周年CD-BOX『Cynthia Premium』に収められたDVDでも見ることが出来る。PV集『Hello!Cynthia』(1984.11.21[2])には、ミュージック・ビデオが収録されている。

B面曲の「秋の午後」を含めた、これら2曲が収録されたアルバム『20才まえ』(1973.9.21)は、シンシア最高のアルバム・セールスを記録した。

歌詞に出てくる「青い枯葉」について当時、一部で「そんなものはない」と揶揄されたという。しかし、現実に「青い枯葉」は存在し、この言葉こそがこの曲のキーワードであり有馬三恵子の才能だとのちに酒井政利がコメントした[3]

2000年12月18日に放送されたNTV系『スーパーテレビ情報最前線』の企画で放送された「20世紀わが心の歌!愛と悲しみの歌姫伝説 今明かす秘めた真実」で、歌手デビュー前の松田聖子がデモ・テープとして録音した「色づく街」の音源が一部分、放送された。その音源は商品化されていない。

収録曲編集

両楽曲とも、作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平

  1. 色づく街(2:52)
  2. 秋の午後(3:32)

収録作品(LP・CD)編集

カヴァーした主な歌手編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 歌手デビュー35周年記念商品CD-BOX『Cynthia Premium』(2000.6.14、ソニーレコード)封入のDVDパッケージより。
  2. ^ デビュー30周年記念メモリアル特別企画CD-BOX『CYNTHIA ANTHOLOGY』(2000.6.7、ソニーレコード)でDVD化されて収められた。
  3. ^ 2006年4月講演、「酒井政利のJポップの歩み」より。
  4. ^ TBSラジオで放送されていたアニラジ子安・氷上のゲムドラナイト」から生まれた三人組のユニット。声優のkyoko(氷上恭子)とmayuko(麻績村まゆ子)、番組スポンサーの広報(当時)担当のtomoko(澁谷知子)からなる。