色紙

紙製品の一種

色紙(いろがみ、しきし)は、製品の一種で、次のような意味がある。

  • いろがみ - のついた紙。ただし白色をふくむ。
  1. 写経などに用いられた色染め紙
  2. 折り紙などに用いる正方形の色つき紙
  3. 事務用、印刷用に用いる色つき(両面同色)の紙。カラー用紙などとも称する[1]
  • しきし
  1. 種々の色がついた料紙和紙#平安時代の紙文化を参照。
  2. 書画用の正方形の厚紙

本項目では書画用の色紙(しきし 2.)を解説する。

書画用の色紙編集

構成編集

書画の色紙には書のみのもの、書に絵を加えたもの、絵のみのものの三種がある[2]。このうち書の色紙には、和歌俳句、詩句、格言などを書いたものがある[2]著名人サイン寄せ書きにも用いられており、サイン色紙ともいう。なお、「色紙」(しきし)は短冊形に対する色紙形(しきしがた)の略語としても用いられる[3][4]

歴史編集

色紙が現れたのは平安時代のことであるが、特に室町時代以降に盛んに用いられるようになった[2]。ただし、江戸時代以前に用いられた色紙は模様付きの薄い紙で大きさは一定ではなかった[2]

書の色紙の一種に藤原定家に由来する小倉色紙があり、定家が百人一首の選をしたときに歌を色紙に書いて小倉山荘の障子に押したという伝承がある[2]。小倉色紙には金銀の砂子を撒いたものや切箔や野毛を置いたものなどがあり、室町時代には茶室に飾る茶掛けとして用いられるようになった[2]

厚紙の四角い色紙が用いられるようになったのは明治時代のことで大小の色紙(縦約20cm×横約17cmまたは縦約18cm×横約16cm)が存在した[2]

脚注編集

  1. ^ 印刷会社のサイト(2009年11月6日時点のアーカイブ、植田印刷、神戸市)は同一物を両用語で呼んでいる例
  2. ^ a b c d e f g 亀井 祐美. “武者小路実篤の複製色紙が流行した一条件 : 色紙一般の歴史と文化に重心を置いて”. 同志社大学文化学会. 2022年12月23日閲覧。
  3. ^ [1]東京藝術大学大学美術館収蔵品データベース)[リンク切れ]
  4. ^ [2](藤井永観文庫展、2005.12開催、立命館大学アート・リサーチセンター)