艶姿純情BOY』(あですがたじゅんじょうボーイ)は藤沢とおるによる日本漫画作品。単行本は全4巻。KCDX全2巻。

艶姿純情BOY
ジャンル 女装ラブコメ漫画
少年漫画
漫画
作者 藤沢とおる
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
巻数 単行本:全4巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

週刊少年マガジン』(講談社)にて、1989年から1990年にかけて連載。女装の美少女と、彼女に恋する男女が中心の学園ラブ・コメディ。後に『湘南純愛組!』『GTO』で知られる藤沢の、後の作品にも続いて描かれるヤンキー暴走族の活躍は、本作でも描かれている。

物語編集

日本舞踊の名家に生まれた女形の跡取り・茜屋純は、女装の女子高校生として私立「聖カトレアヌ学園」に入学する。その可愛さに学園の男達からアプローチをかけられたり、女子からも好かれたりと、彼女をめぐる騒動が引き起こされる。そんな女子高生としての学園生活で、純は女性の気持ちや心というものを理解しながら成長していく。物語後半では、女性アイドル歌手としてデビューする。

登場人物編集

茜屋 純(あかねや じゅん)
本作の主人公日本舞踊[1]女形の跡取り。女装の女子高生として女子寮に入り、学園生活をおくっている。髪の毛を長く伸ばし、清楚な美少女のような容姿だが、複数のエリアを支配するレディースや暴走族の総長でもある。レディース暴走族(胸パッドを入れた女性ライダースーツ)や昭和のスケバン(タイを外したり、丈を短くしたセーラー服に、晴れでも女性用のゴム長靴)の格好でも「不良少女」には見えず[2]、とても可愛い「良家のお嬢様」[3]に見える。
女性アイドル歌手が務まるほどの女声と仕草なのに、絡んできたツッパリたちを懲らしめて降参させるくらい強い。彼女とのデートもミニスカートにロングブーツなど女の服装で出かけ(女子高生の制服デートもある)、女物の服をOLや主婦たちとバーゲンで争って買おうとするなど思考は完全に女である。本人は「女のなりをしていても、充分に男らしい」と主張しているが、彼女やレディースの不良少女たちからは、「どう見ても女」だと言われる[4]。虫と騒音が嫌い。お猿さんや猫など可愛い動物は好き。
温泉や入浴が大好きで、女子寮の風呂は真っ先に入るが、それでも純が着替え中の脱衣所を覗いたり、湯煙のなか胸を隠した彼女と一緒に入ろうとする女子がいる。に酔ったり、キス(相手が女でも男でも)をすると色っぽくなる。
純の両親
美少女にしか見えない純に、女の服や靴ばかり買い与え[5]、女らしくするように諭している。女形である父親は、体が弱く病に侵されているふりをしており、母親も若くて、きりっとした美人である。
風間 まさや(かざま まさや)
純の幼稚園時代からの幼馴染[6]で二枚目の同級生。資産家の息子かつ生徒会長でもあり、女子からの絶大な人気を誇る。純に惚れている。
尾沢 えいじ(おざわ えいじ)
留年している年上の同級生。喧嘩早いリーゼントの不良。ワニをペットとして飼っている。純をめぐって争ううちに、次第にまさやと迷コンビになっていく。
藤村 あやの(ふじむら あやの)
聖カトレアヌ学園で、純の隣の席に座る背の高い女子生徒。スカートが長く不良少女っぽいが、実は理事長の娘。寮では純と同室で生活することになる。純の家族や以前から純を知っている人物を除けば、彼女が男であることを知っている唯一の存在。純と一緒に暮らすうちに、少しずつ女装している彼女に惹かれ始める。純が女子高生の合間に女性アイドル歌手を始めた頃には、完全に夢中になる。
理事長
聖カトレアヌ学園の理事長であやのの継母。女のなりをした純に「男ですから」と言われ驚く。あやのとの母子関係に悩んでいる。
福 笑(さいわい えみ)
狂言の「おかめ」面のような顔をした大柄な不良女子高生。いつも手下を数人引き連れている。転入してきた純を早々に呼び出し、〆めようとするが、負けてしまい子分になる。「福笑い」「お面」などと悪口を言われると怒る。
学園の不良女子たち
福笑の子分で腰巾着。純が街を仕切るレディースの総長であり、本当は男であることは後で知る。負けてからは純の肩を揉んだり、女の格好がきれいだ可愛いと褒めるなど態度が豹変した。
レディース・暴走族のメンバー
あやのの危機に、「総長の彼女がピンチ」と全面的に純に協力してくれる。幹部たちは、ゲームセンターやディスコの一室を改造したアジト[7]を持っている。
岬 まい(みさき まい)
純の下級生である女子。純に想いを寄せており、彼女と同室で暮らすあやのに嫉妬している。手芸部員。
俵屋 唯(たわらや ゆい)
茜屋の舞踊流派を、一方的にライバル視している女形の跡取り。やはり女のなりで育てられ、女子高生として純の高校に転入してくる。彼女に意地悪やストーカー行為をするが、「嫌いは好きの裏返し」でもあるような言動もみられる。

その他編集

  • 連載前号巻末『美少女なのに、「BOY」?ということは・・・』(純の絵がついた予告)で、「完全無欠のスーパー女装男子がハチャメチャをやる「ひばりくん」[8]とは違う物語を描く」との藤沢の初心表明がある。
  • コミックス復刻版では、可愛かった純が大幅にイメージチェンジ[9]、大人っぽくなった姿が「表紙」に描かれている(「女子高生・夏服」[10])。

書誌情報編集

脚注編集

  1. ^ 茜屋の伝統的な演目である「藤娘」を演じることを、両親から期待されている。
  2. ^ 「カラー口絵」では「を剃ったり、スカートが足首まで届く長さの、ガラの悪い不良少女たち」に混じり、「スカートが一人だけ短く、ピカピカの赤い長靴の純が、センターで可愛く写った」レディースの「集合写真」が描かれたりしている。(『週刊少年マガジン』1989年34号)
  3. ^ 配下であると思われる、盛り場の不良少女たちからも「お嬢様」と呼ばれる描写がある。
  4. ^ 「男子禁制・恋愛禁止」が原則であるレディースの総長である時点で(女性の恋人がいても)完全に「女扱い」。
  5. ^ 女の服や靴を女子寮に入る純に持たせたり、純の荷物として女子寮に送ってくる。
  6. ^ 当時から、ずっと純を女の子だと思っている。
  7. ^ 高校生や高校OBたちからなる集団にしては豪勢だが、当時はバブル時代であり、のちの「クラブ」の黎明期。
  8. ^ 『ストップ!! ひばりくん!』は、江口寿史集英社で連載した少年漫画。
  9. ^ 復刻版の発刊時には、藤沢の画調がかなり変わっている(「GTO」「ROSE HIP ROSE」ほか)。
  10. ^ 愛蔵(数量限定)版では、「女子大生」になった純と「大人の女性(女形を継いだ後の私服)」もあり(1997年11月5日)。「留学から帰国後に、髪を切り男の生活をしようとしたが、彼女や周囲が猛反対で再び女の姿に戻る」などの後日談コメントなど。

関連項目編集