メインメニューを開く
Japanese destroyer No16 Fuyo.jpg
竣工直後の第16駆逐艦(芙蓉)
艦歴
計画 1918年度(八六艦隊案
起工 1922年2月16日
進水 1922年9月23日
就役 1923年3月16日(第十六駆逐艦)
その後 1943年 12月20日戦没
除籍 1944年2月5日
性能諸元
排水量 基準:820トン
全長 83.8m
全幅 8.08m
吃水 2.51m
主缶 ロ号艦本式缶3基
機関 オールギアードタービン2基2軸
21,500shp
最大速力 35.5ノット
航続距離
乗員
兵装 12.0cm単装砲3基
6.5mm単装機銃2基
53cm連装発射管2基4門

芙蓉(ふよう)は、日本海軍駆逐艦若竹型駆逐艦の7番艦である。

艦歴編集

  • 1922年(大正11年)9月 進水 - (藤永田造船所建造) 進水時の名称は「第十六駆逐艦」。
  • 1923年(大正12年)3月16日 - 竣工
  • 1924年(大正13年)4月1日 - 「第十六号駆逐艦」に艦名変更。
  • 1928年(昭和3年)8月1日 - 「芙蓉」に艦名変更。
  • 1937年(昭和12年) - 日中戦争に参戦。華南沿岸の諸作戦に参加。
  • 1941年(昭和16年) - 駆逐艦籍のまま太平洋戦争に参戦。船団護衛、哨戒作戦に従事。
  • 1943年(昭和18年)12月20日 - 船団護衛中、マニラ湾口で米潜水艦パファーの雷撃で2本が命中し戦没。

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』380-381頁による。

艤装員長編集

  • 柏木英 少佐:1922年9月20日 - 1923年3月16日

駆逐艦長編集

  • 柏木英 少佐:1923年3月16日 - 1924年12月1日
  • 畠山耕一郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日[1]
  • (兼)坂野民部 少佐:1925年12月1日[1] - 1926年11月1日[2]
  • 直塚八郎 少佐:1926年11月1日 - 1927年12月1日
  • 安富芳介 少佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  • 久宗米次郎 少佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  • 成田忠良 少佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  • 有賀幸作 少佐:1930年12月1日 - 1932年1月28日[3]
  • 田中穣 少佐:1932年1月28日[3] - 1932年8月24日[4]
  • 太田信之輔 少佐:1932年8月24日 - 1932年11月15日
  • 山田雄二 少佐:1932年11月15日 - 1933年9月1日[5]
  • 長井純隆 大尉:1933年9月1日[5] - 1933年11月15日[6]
  • (兼)中津成基 少佐:1933年11月15日 - 1934年5月15日
  • (兼)勢経雄 少佐:1934年5月15日[7] - 10月22日[8]
  • 吉田正義 大尉:1934年10月22日 - 1935年11月15日
  • 阿部徳馬 少佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 小川綱嘉 大尉:1936年12月1日 - 1937年12月1日[9]
  • 角田千代吉 少佐:1937年12月1日 - 1939年1月10日[10]
  • (兼)千本木十三四 少佐:1939年1月10日[10] - 1939年8月1日[11]
  • (兼)中村昇 少佐:1939年8月1日[11] - 1940年1月20日[12]
  • 中村昇 少佐:1940年1月20日 - 1940年4月20日[13]
  • (兼)花見弘平 大尉:1940年10月15日[14] - 1940年11月15日[15]
  • 橋本正雄 少佐:1940年11月15日 - 1941年7月25日[16]
  • 村上忠臣 大尉:1941年7月25日 -
  • 大熊安之助 大尉:1942年10月30日 -
  • 角野鉄男 大尉:1943年10月20日 -

脚注編集

  1. ^ a b 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  2. ^ 『官報』第4258号、大正15年11月2日。
  3. ^ a b 『官報』第1522号、昭和7年1月29日。
  4. ^ 『官報』第1697号、昭和7年8月25日。
  5. ^ a b 『官報』第2003号、昭和8年9月2日。
  6. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  7. ^ 『官報』第2209号、昭和9年5月16日。
  8. ^ 『官報』第2344号、昭和9年10月23日。
  9. ^ 海軍辞令公報 号外 第99号 昭和12年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  10. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第285号 昭和14年1月11日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075300 
  11. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第365号 昭和14年8月3日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076200 
  12. ^ 海軍辞令公報(部内限)第431号 昭和15年1月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077600 
  13. ^ 海軍辞令公報(部内限)第468号 昭和15年4月23日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077900 
  14. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  15. ^ 海軍辞令公報(部内限)第555号 昭和15年11月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  16. ^ 海軍辞令公報(部内限)第678号 昭和16年7月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 

参考文献編集

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9