メインメニューを開く

芝川ビルディング (しばかわびるでぃんぐ)は大阪府大阪市中央区にある歴史的建造物

芝川ビルディング
Shibakawa-bld.jpg
情報
旧名称 芝蘭社家政学園
設計者 渋谷五郎・本間乙彦
構造形式 鉄筋コンクリート造
建築面積 349m2
階数 地上4階、地下1階
竣工 1927年(昭和2年)
所在地 大阪府大阪市中央区伏見町3丁目3-3
座標 北緯34度41分20.6秒
東経135度30分6.6秒
文化財 国の登録有形文化財
指定・登録等日 2006年(平成18年)10月18日登録
テンプレートを表示

概要編集

1927年(昭和2年)の竣工。設計は渋谷五郎(基本・構造設計)と本間乙彦(意匠設計)。施主の芝川家は江戸時代、唐物貿易の豪商として知られ、4代目当主・芝川又四郎は関東大震災から火事・地震に強い建物を建てることを決心。竜山石を用いたマヤインカ文明を思わせる装飾が施される。 戦前まで、芝蘭社家政学園という花嫁学校で、現在はテナントビルになっている[1]

交通アクセス編集

周辺情報編集

関連項目編集

  • ニッカウヰスキー - 前身の大日本果汁株式会社の設立総会会場であり大阪出張所が置かれた。芝川又四郎は設立時の出資者。[2]
  • 竹鶴政孝 - ニッカウヰスキー創業者。大阪在住時代は芝川又四郎が家主であった。

外部リンク編集

出典編集