メインメニューを開く

芝浦工業短期大学(しばうらこうぎょうたんきだいがく)は、東京都港区芝浦3-9-14に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1983年に廃止された。大学の略称は芝短。学生募集は1975年度まで、1983年3月31日をもって正式廃止[2]。本稿では、一度は廃止になった芝浦短期大学についても取り上げる。

芝浦工業短期大学
大学設置/創立 1950年
廃止 1983年
学校種別 私立
設置者 学校法人芝浦工業大学
本部所在地 東京都港区芝浦3-9-14
学部 電気科第二部
機械科第二部
交通科[1]
  営業専攻[1]
  輸送専攻[1]
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 学科の一つである電気科第二部は、電気主任技術者資格に対応したカリキュラムが組まれていた。芝浦短期大学時に置かれていた交通科は全国の短大でも少数だった。

学風および特色編集

  • 工業に関する専門教育を施し、新しい知識と教養を身につけた有用な中堅技術者の養成がねらいとされていた。
  • 勤労の傍らで学業に勤しむ人々に大学教育を開放すべく、当初より夜間部のみ置かれていた。

当時の入学試験について編集

沿革編集

  • 1950年 芝浦工業短期大学として開学。
    • 機械科第二部[4]
    • 電気科第二部[4]
  • 1952年 芝浦短期大学(しばうらたんきだいがく)と改称。学科を増設。
    • 交通科
      • 輸送専攻
      • 営業専攻
  • 1959年 学科の再設置を行う。
    • 機械科第二部
    • 電気科第二部
  • 1964年3月31日廃止。
  • 1966年 芝浦工業短期大学として再設置。
    • 機械科第二部
    • 電気科第二部[5]
  • 1975年度をもって学生募集を終了。
  • 1983年3月31日廃止。

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都港区西芝浦3-1:1950~64年
  • 東京都港区芝浦3-9-14:1966年~83年

象徴編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 機械科Ⅱ部
  • 電気科Ⅱ部:電気事業主任技術者資格に対応したカリキュラムが組まれていた。
  • 交通科Ⅱ部[1]
    • 輸送専攻[1]
    • 営業専攻[1]

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

年度別学生数編集
  • 1954年度についてはその年度(月日は不詳だが、1955年3月以前のデータ)、1958年度以降はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
年度 機械科 電気科 交通科 出典
1954年 男130 男130 男115 [8]
1955年 - 1957年 不明 不明 不明 [9]
1958年 - - 男30 [10]
1959年 男50 男22 - [11]
1960年 男52 男42 - [12]
1961年 男70 男65 - [13]
1962年 男40 男40 - [14]
1963年 募集中止 募集中止 - [15]
1964年 - - - [16]
1965年 - - - [17]
1966年 男50 男50 - [18]
1967年 男108 男95 - [19]
1968年 男117 男98 - [20]
1969年 男117 男98 - [21]
1970年 男124 男102
女1
- [22]
1971年 男199
女1
男154
女1
- [23]
1972年 男264
女1
男179 - [24]
1973年 男264
女1
男179 - [25]
1974年 男264
女1
男179 - [26]
1975年 男170 男165
女1
- [27]
1976年 男82 男77 - [28]
1977年 男3 男1 - [29]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 「芝浦工業大学校友会」と称する同窓会組織に含まれているものと思われる。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

対外関係編集

卒業後の進路について編集

編入学・進学実績編集

  • 芝浦工業大学への編入学制度があった。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 芝浦短期大学のみ
  2. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』264頁
  3. ^ a b '71全国短期大学案内』(梧桐書院)145頁より。
  4. ^ a b 1957年3月31日廃止。
  5. ^ 当時の在学者数は各学科とも50名ずつとなっていた。
  6. ^ 『1975年度用全国短期大学受験案内』(晶文社)199頁より。
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)55頁「芝浦短期大学」より
  8. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1375頁(以下、『総覧』と略する。)
  9. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  10. ^ 昭和34年度版『総覧』20頁
  11. ^ 昭和35年度版『総覧』18頁
  12. ^ 昭和36年度版『総覧』22頁
  13. ^ 昭和37年度版『総覧』22頁
  14. ^ 昭和38年度版『総覧』24頁
  15. ^ 昭和39年度版『総覧』26頁
  16. ^ 昭和40年度版『総覧』26頁に「募集中止」とあり。
  17. ^ 昭和41年度版『総覧』29頁には「募集中止」とある。
  18. ^ 昭和42年度版『総覧』31頁
  19. ^ 昭和43年度版『総覧』31頁
  20. ^ 昭和44年度版『総覧』33頁
  21. ^ 昭和45年度版『総覧』34頁
  22. ^ 昭和46年度版『総覧』34頁
  23. ^ 昭和47年度版『総覧』34頁
  24. ^ 昭和48年度版『総覧』36頁
  25. ^ 昭和49年度版『総覧』37頁
  26. ^ 昭和50年度版『総覧』39頁
  27. ^ 昭和51年度版『総覧』41頁
  28. ^ 昭和52年度版『総覧』41頁
  29. ^ 昭和53年度版『総覧』41頁
  30. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』
  31. ^ 但し、「要覧に未掲載の短期大学」として取り上げられている。

関連項目編集

関連サイト編集