芥川作曲賞

作曲家芥川也寸志の功績を記念して、サントリー音楽財団が創設した賞

芥川作曲賞(あくたがわさっきょくしょう)は、作曲家芥川也寸志の功績を記念して、サントリー音楽財団1990年4月に創設した賞。前年度に初演された日本の新進作曲家の作品のうち、最も「清新かつ将来性に富む」ものを対象に贈られる。2019年の第29回より正式名称が芥川也寸志サントリー作曲賞と変更された[1][2]

芥川作曲賞
受賞対象現代音楽の新進作曲家
会場サントリーホール
日本
主催公益財団法人サントリー芸術財団
初回1990年
最新回2021年
公式サイトhttp://www.suntory.co.jp/sfa/music/akutagawa/index.html

概要編集

この賞の特徴のひとつに「公開選考」を行う点がある。最終選考は毎年8月下旬にサントリーホールで行われる。候補作品を演奏会形式で紹介した後、ステージ上で3人の選考委員による公開討論が行われ、受賞作品が決まる。受賞者には賞状と賞金150万円が授与される。さらに交響管弦楽曲の新作制作を委嘱され、委嘱作品は財団主催のコンサートで(通常は2年後の同賞最終選考の際に)初演される。2019年からは非公式開催「SFA総選挙」(SFA=サマー・フェスティバル・芥川)と称し、聴衆賞の投票も行われている(結果は作曲賞決定後会場内に掲示発表)。選考演奏会は2013年からサントリーホールサマーフェスティバルの中で行われている[3]


受賞作品一覧編集


脚注編集

  1. ^ 芥川也寸志サントリー作曲賞  ”. www.suntory.co.jp  . 2019年4月3日閲覧。
  2. ^ サントリーホールサマーフェスティバル2019 演奏会プログラム. サントリー芸術財団、2019.8.p84
  3. ^ http://jonathanmoore.com | @newezra, Style Hatch- https://stylehatch.com/ | @stylehatch / Jonathan Moore-. “サマーフェスティバル2013” (日本語). サマーフェスティバル2013. 2022年8月26日閲覧。
  4. ^ 第31回 芥川也寸志サントリー作曲賞 桑原ゆう氏の作品「タイム・アビス 17人の奏者による2群のアンサンブルのための」に決定。”. www.suntory.co.jp (2021年8月30日). 2021年11月19日閲覧。
  5. ^ 第32回 芥川也寸志サントリー作曲賞 波立裕矢氏の作品「失われたイノセンスを追う。II オーケストラのための」に決定”. www.suntory.co.jp (2021年8月30日). 2022年10月8日閲覧。

外部リンク編集