メインメニューを開く

芥見村(あくたみむら)は、岐阜県稲葉郡にあったである。

芥見村
廃止日 1958年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
面積 18.06km2.
総人口 6,233
(1958年)
隣接自治体 岐阜市関市
稲葉郡 那加町蘇原町鵜沼町
山県郡三輪村
芥見村役場
所在地 岐阜県稲葉郡芥見村芥見1889-1
 表示 ウィキプロジェクト

長良川沿いの村であり、長良川東岸の地域(旧各務郡)と西岸の地域(旧山県郡)で構成されていた。

現在の岐阜市東部であり、現在の地名では芥見、大洞、加野、岩井などである。

岐阜市に編入後、この地域は1970年代以降に大規模な宅地造成が行われており、大洞団地、大洞緑団地、諏訪山団地、加野団地などの数多くの団地がある。

目次

歴史編集

学校編集

交通機関編集

観光など編集

その他編集

  • 1956年(昭和31年)に新市町村建設促進法が施行されたさい、稲葉郡のうち旧・各務郡(那加町蘇原町鵜沼町稲羽町[3]、芥見村)の4町1村で合併し市制施行が計画されたという。しかし、芥見村は名鉄美濃町線、長良川、県道(後の国道156号)により岐阜市との繋がりが強いこともあったため、岐阜市への編入を選択することとなり、幻となった。残りの4町は1963年(昭和38年)に市制施行し、各務原市となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  2. ^ 岩井、加野。厳美村の残部は山県郡春近村山県村と合併し、山県郡三輪村になる。
  3. ^ 一部羽島郡の地域がある。

関連項目編集