芦原 太郎(あしはら たろう、1950年[1] - )は、日本の建築家である。芦原太郎建築事務所 所長。芦原建築設計研究所 代表。日本建築家協会第11代会長。建築は個人邸から公共施設まで、幅広く手がける。

芦原太郎
生誕東京都
国籍日本の旗 日本
出身校東京藝術大学(学士)
東京大学(修士)
職業建築家
受賞JIA新人賞(1993年)
グッドデザイン賞(2003年)
日本建築家協会賞(2005年)
所属 芦原太郎建築事務所
建築物 笠間日動美術館
オーストラリア大使館
シマノ本社工場

略歴編集

1950年、東京都に生まれる。1974年、東京藝術大学美術学部建築科卒業。1976年、東京大学大学院工学系研究科建築学修士課程修了。1977年から父・義信の芦原建築設計研究所に勤務。1985年、芦原太郎建築事務所設立。2001年から芦原建築設計研究所代表を兼務。2000年から2002年まで、日本建築家協会副会長、2010年から2016年まで日本建築家協会会長を務めた。2011年、国土交通大臣表彰受賞。

日本建築家協会 (JIA) 名誉会員、アメリカ建築家協会 (AIA) 名誉フェロー会員。

代表作品編集

 
オーストラリア大使館
 
公立刈田綜合病院

受賞歴編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]

関連項目編集