メインメニューを開く

芦原町駅

日本の大阪府大阪市浪速区にある南海電気鉄道の駅

芦原町駅(あしはらちょうえき)は、大阪府大阪市浪速区芦原二丁目にある、南海電気鉄道高野線(汐見橋線)の駅。駅番号NK06-4

芦原町駅
芦原町駅入口 (2006年05月05日撮影)
芦原町駅入口
(2006年05月05日撮影)
あしはらちょう
ASHIHARACHO
NK06-5 汐見橋 (0.9km)
(0.7km) 木津川 NK06-3
所在地 大阪市浪速区芦原二丁目5-31
駅番号 NK 06-4
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線(汐見橋線)
キロ程 0.9km(汐見橋起点)
電報略号 アシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
192人/日
-2017年-
開業年月日 1912年大正元年)11月15日
乗換 芦原橋駅JR大阪環状線
(南東約200m)
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム
(2006年05月05日撮影)
ホーム(別角度から)

目次

歴史編集

  • 1912年大正元年)11月15日 - 高野登山鉄道の汐見橋 - 木津川間に仮駅として設置。
  • 1914年(大正3年)10月21日 - 一般駅に格上げ。
  • 1915年(大正4年)4月30日 - 社名変更により大阪高野鉄道の駅となる。同月女性駅長が就任。
  • 1922年(大正11年)9月6日 - 会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 2005年平成17年)10月16日 - 遠隔管理システムの完成及び導入により、完全無人化。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。遠隔管理を受けた無人駅となっている。

駅舎は岸里玉出行きホームの岸里玉出寄りにあり、汐見橋行きホームへ行く際には構内踏切を渡る必要がある。のりば番号は設定されていない。

自動改札口及び乗車駅証明書発行機が設置されている。便所は改札内にあり、男女別の水洗式

のりば編集

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側   高野線(汐見橋線) 下り 岸里玉出方面
反対側   高野線(汐見橋線) 上り 汐見橋行き

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員192人である。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
順位 出典
2000年 306 148 [1]
2001年 286 140 [2]
2002年 290 142 [3]
2003年 286 139 [4]
2004年 271 128 [5]
2005年 252 118 [6]
2006年 224 104 [7]
2007年 200 93 90位 [8]
2008年 189 90 [9]
2009年 196 94 [10]
2010年 199 94 [11]
2011年 185 87 [12]
2012年 181 82 92位 [13]
2013年 163 75 [14]
2014年 174 82 [15]
2015年 181 85 91位 [16]
2016年 176 85 91位 [17]
2017年 192 92 91位 [18]

駅周辺編集

隣の駅編集

南海電気鉄道
  高野線(汐見橋線)
汐見橋駅 (NK06-5) - 芦原町駅 (NK06-4) - 木津川駅 (NK06-3)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集