芦川いづみ

日本の元女優

芦川 いづみ(あしかわ いづみ、1935年10月6日 - )は日本の元女優。本名:伊藤 幸子(旧姓:芦川)。松竹歌劇団時代に付いた愛称は「おムギ」(有馬稲子に顔立ちが似ており、彼女よりもたくましいということから「稲」ではなく「麦」だというシャレからついた愛称)[1]。また和製オードリー・ヘップバーンと呼ばれることもある[2]日活の黄金期を代表する女優として知られる[3]

あしかわ いづみ
芦川 いづみ
生年月日 (1935-10-06) 1935年10月6日(86歳)
出生地 日本の旗 日本 東京市滝野川区田端町
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1953年 - 1968年
配偶者 藤竜也
主な作品
幕末太陽傳
乳母車
硝子のジョニー 野獣のように見えて
日本列島
あいつと私
テンプレートを表示

来歴編集

東京市滝野川区田端町(現・北区田端)に生まれる[4]1952年法政大学潤光女子高校(現・法政大学国際高等学校)を中退し[3]、松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校に入学する[4]。同期に野添ひとみ、山鳩くるみらがいた[3]。このとき、芸名を「芦川いづみ」とする[3]1953年、たまたまファッション・ショーに出演中に、松竹川島雄三監督に認められ[3]、川島監督の『東京マダムと大阪夫人』でデビューする[4]。その後、1955年、川島監督の推薦で[3]、松竹歌劇団を退団し日活に入社する[4]市川崑監督の『青春怪談』で日活映画初出演[3]

その後、『幕末太陽傳』などの川島監督の作品をはじめ[3]、様々な役に挑戦し、松竹から移ってきていた北原三枝とともに日活を代表するとなった[3]。浅丘、吉永小百合中原早苗らと合わせて「パールライン」と呼ばれた[5]

1956年田坂具隆監督の『乳母車』で石原裕次郎とは初共演[3]、爽やかな演技で人気を不動のものとした[3]。以降、北原とともに裕次郎映画のヒロインとして欠かせない存在となり[3]、北原の引退後も裕次郎の相手役として活躍した[3]浅丘ルリ子にそのポジションを譲ってからも日活を代表する女優として活躍した[3]。1958年の『美しい庵主さん』では尼を演じるために坊主頭となった[6]。1961年、映画『激流に生きる男』製作中に共演者の赤木圭一郎が死亡し、製作が中止された[7]。1962年の『硝子のジョニー 野獣のように見えて』ではこれまで演じたことが無い様な役柄を演じ、新たな魅力を見せた[3]

1968年藤竜也と結婚[4]、映画『孤島の太陽』が引退作となった[4][3]。以後、女優としては映画、テレビなどへは出演していない[8]

2007年11月17日、新宿の京王プラザホテルで開催された日活出身の俳優で構成する「俳優倶楽部」とスタッフらで構成する「旧友会」の合同パーティーに、渡哲也・浅丘ルリ子・宍戸錠川地民夫沢本忠雄鈴木清順井上梅次齋藤武市舛田利雄らと共に出席。久々に公の場に姿を見せた。2009年には石原裕次郎の二十三回忌、南田洋子の死去に際して、スポーツ新聞にコメントを寄せている。2018年、デビュー65周年企画として、出演した10作品のDVD販売にあたり、DVDの音声解説を務めた[2]

エピソード編集

  • 1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔新東宝専務)、池広利夫大映営業渉外部長)や大川恵子東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子松竹)、司葉子東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に日活代表女優としてドイツでポロモーションを行った。
  • スタジオジブリ作品における宮﨑駿のヒロイン像は芦川が原点になっているという[9]
  • 石原裕次郎がプライベートでのスキー中に負傷、『激流に生きる男』に出演出来なくなり(結果として代役として撮影中の赤木圭一郎が死に至った。)、日活は所属俳優たちにスキー禁止令を出した、しかし、どうしてもスキーがしたくなった芦川は、休みを利用して秘密裏にスキーをしに出かけた。しかし石原がどこからか芦川がスキーをしていた事を知り、「いずみちゃんスキーしているんだって。」と石原からからかわれたという[10]

出演歴編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティー番組編集

CM編集

文献編集

  • 『芦川いづみ 愁いを含んで、ほのかに甘く』 高崎俊夫・朝倉史明編、文藝春秋、2019年。回想インタビューほか

注釈編集

  1. ^ 朝日新聞2014年3月2日付「日活100年」
  2. ^ a b 芦川 いづみ”. 日活. 2022年7月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 芦川いづみ”. 映画DB. 2022年7月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f <芦川いづみインタビュー>『硝子のジョニー』では、台本の台詞を色分けして撮影に臨みました”. 文春 (2019年12月3日). 2022年7月3日閲覧。
  5. ^ 第五回 日活「倒産危機を救った元ホテルマン社長の奇策」”. 講談社. 2022年7月3日閲覧。
  6. ^ 恋する女優 芦川いづみ アンコール”. 神保町シアター. 2022年7月7日閲覧。
  7. ^ 赤木圭一郎生誕80周年、ファンの心の中で生き続ける和製ジェームズ・ディーン”. シネマトゥディ (2019-71-11). 2022年7月18日閲覧。
  8. ^ 芦川いづみ 略歴”. Cinenouveau. 2022年7月3日閲覧。
  9. ^ ジブリ映画のヒロイン像は宮さんが大ファンだった芦川いづみが原点(スタジオジブリ 鈴木敏夫 日刊ゲンダイDIGITAL、2021年4月21日閲覧。
  10. ^ 映画にかけた夢 石原プロモーション58年の軌跡 石原裕次郎・渡哲也 週刊朝日ムック p.35
  11. ^ 青春を返せ | 映画” (日本語). 日活. 2020年6月18日閲覧。

外部リンク編集