メインメニューを開く

芦田 信守(あしだ のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将信濃国芦田城主。

 
芦田信守
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正3年6月19日1575年7月26日
別名 通称:四郎左衛門
官位 下野守または備前守
主君 大井貞隆諏訪頼重→大井貞隆→武田信玄勝頼
氏族 芦田氏
父母 父:芦田信常または芦田義玄または芦田幸貫
依田信蕃依田信幸重方信春
信慶松井宗直
テンプレートを表示

略歴編集

芦田氏は信濃の土豪依田氏の一族であり、元々は独立した国人領主であったが、室町時代においては、在府と在地に分かれ、在府は評定衆、奉行衆、奉公衆を建武年間から文明年間まで任命され、在地においては守護代大井氏に臣従していた。

天文10年(1541年)、武田信虎諏訪頼重とともに小県郡に侵入。諏訪頼重は帰路に芦田城に侵攻し、10歳に満たない幼少の信守を生け捕りにし、主従関係を誓わせる(諏訪上社御頭之日記)。しかし翌天文11年(1542年)、諏訪頼重が武田晴信に自害させられる。以後は甲斐武田氏に仕え、信濃先方衆として活躍した。

永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いでは妻女山攻撃に参加して奮戦し、永禄9年(1566年武蔵国御嶽城の在番を子の依田信蕃と共に務め、永禄11年(1568年)の駿河国薩埵峠の戦いに参陣した。元亀3年(1572年)、信玄が東海道を侵攻すると(西上作戦)、秋山信友に従軍して岩村城を攻めた。

信玄の死後は武田勝頼に仕えて遠江国二俣城に入城する。天正3年(1575年)、長篠の戦いで勝利した徳川家康に二俣城を包囲される中、城中で死去した。

出典編集

  • 田中豊茂「信濃中世武家伝」信濃毎日新聞社 2016年
  • 市川武治「もう一人の真田ー依田右衛門左信蕃」 1993年