メインメニューを開く

芦野 祥太郎(あしの しょうたろう、1990年1月4日 - )は、日本プロレスラー東京都西東京市出身。WRESTLE-1所属。

芦野 祥太郎
Shotaro ASHINO
芦野 祥太郎 Shotaro ASHINOの画像
プロフィール
リングネーム 芦野 祥太郎
本名 芦野 祥太郎
身長 174cm[1]
体重 85kg[1]
誕生日 (1990-01-04) 1990年1月4日(29歳)[1]
出身地 東京都西東京市[1]
所属 WRESTLE-1
スポーツ歴 レスリング
トレーナー 武藤敬司
デビュー 2015年2月13日
熊ゴロー
テンプレートを表示

目次

略歴編集

日本体育大学レスリング部出身[2]。監督と馳浩の推薦により2014年8月1日、WRESTLE-1練習生として入門[1]

2015年2月13日、後楽園ホール大会で熊ゴローとのデビュー戦を勝利[3]

8月2日、「WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015」1回戦でNOSAWA論外にジャーマンスープレックスホールドで勝利[4]。しかし、8月8日の準々決勝で征矢学に敗れる[5]

10月、近藤修司河野真幸村瀬広樹と共闘して「TriggeR」結成[1][6]。 11月3日、村瀬と組み、征矢&葛西純組が持つWRESTLE-1タッグチャンピオンシップに挑むが敗れる[7]

12月18日、練習中に右肩を負傷したため長期欠場に入り[8]2016年3月13日、復帰戦を行う。

2016年6月8日、KAIの持つWRESTLE-1チャンピオンシップに初挑戦するも敗北。

7月1日、WRESTLE-1 GRAND PRIXの準決勝で征矢学と対戦。前日に膝の靭帯を痛めているなかで強行出場してわずか27秒でセコンドの河野がタオルを投げたことでTKO負けとなり長期欠場に入る。

12月9日、"brother"YASSHIとのタッグで村瀬広樹&三富政行戦にて復帰。復帰後はリング内外で黒潮"イケメン"二郎と激しくぶつかり1月にはシングルで対戦し勝利。

2017年3月20日、河野の持つWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦し勝利。第11代王者となる。

8月11日、後楽園ホール大会で児玉裕輔立花誠吾と新ユニットEnfants Terriblesを結成した。

9月2日、横浜文化体育館大会にてWRESTLE-1チャンピオンシップ防衛戦で黒潮"イケメン"二郎を35分を超える激闘の末に勝利して4度目の防衛に成功[9]。その試合直後に挑戦表明してきた稲葉大樹を18日の後楽園ホール大会で迎え撃ち、イケメン戦に引き続き30分超えとなったハードな戦いを制して5度目の防衛に成功した。

10月21日、茨城・霞ヶ浦文化体育館大会にて児玉と立花とのトリオで黒潮と土井熊のトリオが保持するUWA世界6人タッグ王座に挑戦し、芦野が文体のメインに引き続き三度黒潮からギブアップ勝ちを奪取してユニット創設後初のトリオ王座を獲得した。

11月5日、後楽園ホール大会にて熊ゴローを相手にWRESTLE-1チャンピオンシップ防衛戦に臨み、遺恨と因縁が混ざった激しい同期生対決をギブアップ勝ちで制して6度目の防衛に成功した。

人物編集

  • 髭面の精悍な顔貌、多彩なスープレックスが特徴。ライバルの黒潮"イケメン"二郎をディスリスペクトしている一方で、観客と一体になって楽しくプロレスができるイケメンの姿を、リングに入ると余裕がなくて相手を倒したくて仕方なくなる自分にはないものを持っているとして羨ましく思うところがある[10]
  • カート・アングルを尊敬している。
  • アーセナルFCメタリカの熱狂的なファン。
  • 2017年のインタビューでは、WRESTLE-1は面白くなっている一方で選手がサラリーマン化しており良くも悪くも言われたことを素直にやると分析している[10]
  • 瓶ビールはグラスを使わず"瓶直"派である。
  • ダーツを趣味としている。

得意技編集

タイトル歴編集

出演編集

脚注編集

外部リンク編集