芭蕉踊(ばしょうおどり)とは、岐阜県羽島郡笠松町円城寺に伝わる雨乞い踊りである。芭蕉踊はかつてはこの地域以外にも存在したが(岐阜市柳津町南塚など)、現在も伝わるのは、岐阜県羽島郡笠松町円城寺地区の踊りである。

1989年平成元年)11月14日岐阜県の無形民俗文化財に指定され、円城寺芭蕉踊保存会がその伝統を伝えている。

歴史編集

始まった時期は不明であるが、地元の言い伝え等によれば始まりは以下のとおりである。

  • 江戸時代中期、円城寺村(現笠松町円城寺)に大干ばつが発生した。そこで、雨乞いを行なうこととなったが、踊りについて何かないかを考えていたという。
  • ある円城寺村の村人の一人が、谷汲村(現揖斐川町)に雨乞い踊り(後の谷汲踊り)があるという話を思い出し、その踊りを参考にして、雨乞い踊りを行なう事となった。
  • 踊りの際、一人の村人が即興で歌いだし、その歌が雨乞いの唄となったという。
  • 雨乞い踊りが催された後に雨が降り、干ばつは無くなった。この事以来、雨乞い踊りが継承されたという。

芭蕉踊の概況編集

  • かつては明神白鬚神社で行なわれていた。
  • 谷汲踊りを参考にした踊りの為、類似点は多い。
  • 芭蕉踊の場合、太さ10~20cm、長さ約3mのを半分に割り、割った断面に白、青、赤等の和紙を貼る。この飾り付けた竹12本を、扇形に背負う。(この背負った飾りが、あたかも植物の芭蕉の葉のように見えることから、芭蕉踊の名付けられた。)
  • 飾りを背負った若者は二人一組となり、腹部に固定した太鼓を打ちながら踊る。

外部リンク編集