メインメニューを開く

『花くらべ狸御殿』(はなくらべたぬきごてん)は、1949年(昭和24年)公開のオペレッタ映画。木村恵吾が脚本、監督。

花くらべ狸御殿
Still-photo from hanakurabe tanuki goten.jpg
京マチ子と(左)水の江瀧子(右)
監督 木村恵吾
脚本 木村恵吾
出演者 喜多川千鶴
水の江瀧子
京マチ子
音楽 服部良一
撮影 牧田行正
配給 大映
公開 日本の旗 1949年4月17日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

ある狸の国の物語。まちの料亭「ポン」に黒太郎という美青年が現れ。給仕となった。黒太郎は唄も踊りも上手でたちまち人気者となった。ところが女王が「ポン」にお出ましになった時、あやまって飲みものに花びらを落としてしまったので、黒太郎は御殿に引かれて行ってしまった。しかし女王は黒太郎に恋をしてしまい、国中がお祝いさわぎとなった。これにおもしろくないのは、森の魔女愛々とけったくして王の座を狙う左大臣だった。

出演者編集

  • おぼろ姫:喜多川千鶴
  • 魔女愛々:京マチ子
  • 魔女恋々:暁テル子
  • 魔女喃々:大伴千春
  • 黒太郎:水の江瀧子
  • 櫟林のポン:柳家金語樓
  • 歌手:灰田勝彦
  • 歌手:竹山逸郎
  • 歌手:三丁目文夫
  • 右大臣:杉狂児
  • 左大臣:藤井貢
  • 司法大臣:渡邊篤
  • 官吏法典:村田宏壽
  • 秘書官狸春:寺島貢
  • 楽器店々員:上田寛
  • 妖婆泥々:常盤操子
  • 老女姥桜:香住佐代子
  • 尾花お露:大美輝子
  • 大蔵大臣:武田徳倫
  • 町長:加賀美健一
  • 町の有力者:牧龍介
  • 巡査:大河原左雁次
  • あんま:三浦志郎
  • 女給おそよ:野々宮由紀
  • 侍女かすみ:藤代鮎子
  • 侍女かをる :丸山英子
  • 侍女かげろう:小柳圭子
  • 舞踏会の客:園御幸
  • 侍女さぎり:南春恵
  • 有力者夫人:赤木春生
  • 女給きぬた:芦原圭子
  • 女給おゆう:早見栄子
  • 女給おあき:柳恵美子
  • 女給おてる:宮島久仁子
  • 女給おなつ:吉井夏代子
  • 郡舞:大阪松竹歌劇団

スタッフ編集

  • 企画 清水龍之介
  • 監督・脚本 木村恵吾
  • 撮影 牧田行正
  • 録音 中村敏夫、長岡栄
  • 美術 上里義三、太田誠一
  • 作曲指導 服部良一
  • 作詞 佐伯孝夫
  • 按舞 飛鳥亮
  • 演奏 中澤壽士楽団
  • 照明 岡本健一、松井正夫
  • 特殊撮影 圓谷英二
  • 編輯 宮田味津三
  • 装置 梶谷市造
  • 特殊工作 山本夘一郎
  • 装飾 水谷秀太郎
  • 背景 高橋米糊、太田多三郎
  • 記録 木村恵美
  • 衣装 黒澤好子
  • 美粧 小林昌典
  • 結髪 石井エミ
  • スチール 小牧照
  • 演技事務 松浪錦之助
  • 進行 竹内次郎
  • 製作主任 小林利勝

主題歌編集

ビクター・レコード

  • 作詩 佐伯孝夫
  • 作曲 服部良一
  • 「恋のジプシー」 ・・・暁テル子
  • 「涙の花くらべ」・・・竹山逸郎、服部富子
  • 「狸夢の街角」 ・・・原田勝彦

関連項目編集

外部リンク編集