メインメニューを開く

花のロクイチ組(はなのろくいちぐみ)は、大相撲において昭和61年度生まれ(昭和61年4月2日から昭和62年4月1日までに生まれた世代)の、関取となった以下の力士の総称である。彼らよりちょうど10年前に生まれた「花のゴーイチ組」(昭和51年・1976年生まれ、元大関千代大海龍二栃東大裕琴光喜啓司など)に由来する。

花の六三組に比べると平成の大横綱と呼ばれる白鵬翔が長きにわたって活躍した影響もあって大関以上の昇進者は少ないが、三役に昇進した力士は比較的多い。花のロクイチ組の多くは近畿地方出身者である。

高校相撲や学生相撲の出身者や外国人枠を使って入門した力士が多く、昭和61年度に生まれた力士の中からは出世の速い関取が多く誕生した。

次の世代は平成4年度生まれの力士たちが該当し、「花のヨン組」と呼ばれている。

参考文献編集

関連項目編集