メインメニューを開く

花の女子校 聖カトレア学園』(はなのじょしこう セントカトレアがくえん)は、1985年4月10日から同年7月3日までテレビ東京系列局で放送されていたテレビドラマである。テレビ東京オフィス・ヘンミの共同製作。放送時間は毎週水曜 20:00 - 20:54 (日本標準時、以下同)、初回のみ19:00 - 20:54の2時間スペシャルで放送。

花の女子校 聖カトレア学園
ジャンル テレビドラマ / バラエティ番組
原作 葉村彰子(原案)
脚本 田村隆
岡部俊夫
演出 上村達也
出演者 鳥越マリ
森尾由美
桑田靖子
ナレーター 神谷明
制作 テレビ東京
オフィス・ヘンミ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
花の女子校 聖カトレア学園
放送期間 1985年4月10日 - 1985年7月3日
放送時間 水曜 20:00 - 20:54
放送枠 テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ
放送分 54分
花の聖カトレア学園
放送期間 1985年7月10日 - 1985年10月2日
放送時間 水曜 19:00 - 19:54
放送分 54分
新・花の聖カトレア学園
放送期間 1985年10月16日 - 1986年3月26日
放送時間 水曜 19:00 - 19:54
放送分 54分

この項目では、1985年7月10日から同年10月2日まで同系列局で放送されていた『花の聖カトレア学園』(はなのセントカトレアがくえん)、および1985年10月16日から1986年3月26日まで放送されていた『新・花の聖カトレア学園』(しん・はなのセントカトレアがくえん)についても触れる。

目次

概要編集

バラエティ番組の要素を併せ持っていた若者向けのコメディドラマ。80年代の半ばらしくかなりスラップスティックなつくりで、スタジオに構えたセットでのVTR収録ゆえにアドリブによる台詞が連発したり、その場のノリで本筋とは関係ないコントが延々と続いたりして物語自体が破綻することもたびたびあったフジテレビオレたちひょうきん族』内のタケちゃんマンのコーナーに近似)[独自研究?]

ドラマ本編から独立した幾つかのコーナーもあり、曲調に関係なく毎回レオタードを着たダンサーをバックにした出演者による持ち歌コーナー[要説明]のほか、コント赤信号が街へ繰り出し、出演者と同世代の少女にドラマの衣装になっている制服(修道女のシスター服がモチーフ)に着替えさせるロケコーナーなどがあった。その中でも一番の目玉は、ゲストのお笑い芸人や口が達者なタレントが特別講師に扮し、劇中で使われている教室セットの教壇に立っての講義コーナー。年頃の生徒(出演者)に向け、男女関係にまつわる芸能界のHOW TOや楽屋ネタから始まり、オチのほとんどは下ネタで落とす。いずれも当時盛んだった土曜深夜番組の影響を反映していた[独自研究?]

本作はRIKACO鳥越マリ森尾由美桑田靖子徳丸純子などを中心となる生徒役に起用し、そこに花の82年組早見優松本伊代三田寛子などを不定期出演の上級生役に配置して中心メンバーを支えさせていた。フジテレビは同時期にかの『夕やけニャンニャン』をスタートさせていたが、同じ女子高生を番組のコンセプトにしながらも、同番組とは違って(ドラマ部分においては)素人を出演者に起用していなかった。

前述の通り、ホームドラマや時代劇を得意とするテレビプロデューサー・逸見稔が率いるオフィス・ヘンミが番組製作に携わっていた。それゆえに遠藤太津朗船戸順など、若者向けのドラマやバラエティ番組には滅多に出ない役者がレギュラーで参加したり、ホームドラマや時代劇を中心に活動していた役者を(前述の講義のコーナーに招いたゲストとは別に)本筋のドラマパートにキャスティングしていた。

番組は1985年7月に放送時間を1時間繰り上げた。同時に江端兄弟が男子生徒役で参入したため、番組は『花の聖カトレア学園』と題してリニューアルした(厳密にはまず7月3日放送分をもって1時間繰り上げ、7月10日放送分から前述のタイトルを使用するという形)。

さらに番組は同年10月2日放送分をもって同タイトルでの放送を終了。改編期特番のために1週放送を空けた後、10月16日から再び同時間帯で『新・花の聖カトレア学園』と題して放送された。このリニューアルで、それまでメインキャストを務めていた鳥越マリが降板し、替わってダンプ松本クラッシュギャルズ高木ブーらが参入するなど、前番組の設定を活かしながらも一部メンバーの入れ替えを行った。

内容編集

私立の全寮制ミッションスクール、カトレア学園は穏健な園長(菅井きん)の下、大らかな環境なのだが、その実態は経営不振で危うい。ノー天気な新入生のマリ(鳥越マリ)、由美(森尾由美)、靖子(桑田靖子)らもさすがに先行き不安だ。そこに悪徳新理事長・金田(遠藤太津朗)が乗り込んできた。さっさと学園を潰してソープランドにするべく無理難題を押しつけてくる。生徒達は学園を救おうと立ち上がり、あの手この手で理事長一派を懲らしめていく。亡き先代園長の忠太郎(荒井注)も霊となって出てきて加勢し、学園は大騒ぎの毎日となるのだった。

出演者編集

スタッフ編集

外部リンク編集

テレビ東京 水曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
水曜ファミリー劇場
(1985年4月10日 - 1985年7月3日)
※19:30 - 20:54
花の女子校 聖カトレア学園
(1985年4月10日 - 1985年7月3日)
知って得するゼミナール
(1985年7月3日 - 1985年10月2日)
※金曜20:00枠から移動
テレビ東京 水曜19:00枠
全日本そっくりショー
(1985年4月17日 - 1985年6月26日)
花の聖カトレア学園
(1985年7月10日 - 1985年10月2日)

新・花の聖カトレア学園
(1985年10月16日 - 1986年3月26日)
ここんちプラネッと!
(1986年4月16日 - 1986年8月27日)