メインメニューを開く

花実のない森』(かじつのないもり)は、松本清張の長編推理小説。『黄色い杜』のタイトルで『婦人画報』に連載され(1962年9月号 - 1963年8月号)、1964年10月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。上流階級の気風を漂わせる謎の女性の周囲で起こる連続殺人事件を描く、サスペンス・ミステリー。

1965年大映系で映画化されている。2017年テレビ東京でドラマ化された[1]

目次

あらすじ編集

退屈な生活に飽き飽きしていた梅木隆介は、ドライブ帰りの途中で、一組のカップルを拾った。芳醇で蠱惑的な魅力を湛えた美しい女性と、品の無い中年男の不思議な組み合わせに、梅木は好奇心を起こす。車の中に落ちていた万葉集相聞歌が刻まれたペンダントの返却を口実に、梅木は、女性の正体を突き止めるべく追跡を始める。その結果、原宿近くの高級アパートに住んでいることを知るものの、女を例の中年男から取り上げようと次の展開を睨んでいた矢先、女性はアパートから姿を消してしまう。

件の女性が戦前からの上流階級と繋がりがあることを知った梅木は、彼女が参加したデザイナーの新作発表会の出席者から手がかりを掴もうとするが、なぜか関係者はひどく冷たい態度を示す。調査が壁に突き当たったかに見えた中、箱根で発見された殺害死体の主に驚く梅木。やがて、それにとどまらず、問題の女性に近づいた男が続々と怪死を遂げていることがわかり、梅木はいっそう強い興味を惹かれていくが・・・。

主な登場人物編集

 
小説後半の舞台となる柳井市
  • 原作における設定を記述。
梅木隆介
独身のサラリーマン。車好きでドライブが趣味。
浜田弘
京橋の商事会社課長。背広のくたびれた中年男。
藤村真弓
丸の内のビルに勤めるウェイトレス。
楠尾英通
多くの名誉職を務める旧華族。
山辺菊子
ほうぼうの会に顔を出す元大使夫人。
江藤平右ェ門
柳井の造り酒屋の主人。

エピソード編集

  • 小説後半では山口県柳井市が舞台となり、当時の町並みの様子が描写されているが、市内「白壁ふれあい広場」の一角に、1997年3月16日、本作にちなんだ文学碑が建立され、小説の一節が刻まれている。

映画編集

花実のない森
The Forest of No Escape
監督 富本壮吉
脚本 舟橋和郎
出演者 若尾文子
園井啓介
音楽 池野成
撮影 小原譲治
編集 関口章治
配給 大映
公開   1965年1月23日
上映時間 89分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1965年1月23日公開。製作は大映東京撮影所、配給は大映

キャスト(映画)編集

スタッフ(映画)編集

テレビドラマ編集

松本清張「花実のない森」
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張
脚本 篠崎絵里子
演出 中前勇児
出演者 東山紀之
中山美穂
小澤征悦
相武紗季
大和田獏
渡辺いっけい
鷲尾真知子
中原丈雄
吹越満
寺島進
プロデューサー 松本拓
高石明彦
制作 テレビ東京
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域   日本
放送期間 2017年3月29日
放送時間 水曜日 21:00 - 23:08
放送分 128分
回数 1
公式サイト

東山紀之・主演のスペシャルドラマとして、テレビ東京系で2017年3月29日21:00に放送された[1]

キャスト(テレビドラマ)編集

スタッフ(テレビドラマ)編集

脚注編集

外部リンク編集