メインメニューを開く

花山院 定雅(かざんいん さだまさ)は、鎌倉時代初期から中期にかけての公卿右大臣花山院忠経の三男。官位正二位・右大臣、左近衛大将粟田口入道右大臣、または後花山院入道前右大臣と号する。花山院家6代当主。

 
花山院定雅
時代 鎌倉時代初期 - 中期
生誕 建保6年12月2日1218年12月21日
死没 永仁2年2月30日1294年3月28日
改名 定雅→隆覚(法号)
別名 粟田口入道右大臣、後花山院入道前右大臣
官位 正二位左近衛大将右大臣
主君 順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院忠経、母:一条保子(一条能保の娘
兄弟 忠頼忠輔定雅経雅師継、経子
養兄弟:宣経
二条定高の娘
通雅長雅定教、浄雅、女子
テンプレートを表示

目次

経歴編集

以下、『公卿補任』ならびに『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『百練抄』では12月27日の出家とする。

参考文献編集

先代:
花山院忠経
花山院家
6代
次代:
花山院通雅