メインメニューを開く

花岡 次郎(はなおか じろう、明治3年9月16日[1]1870年10月10日) - 大正12年(1923年)9月23日[2])は、日本の実業家、政治家。衆議院議員

来歴編集

信濃国水内郡東条村(現長野県長野市)生まれ。旧制上水内郡立中学(長野県長野高等学校)を経て、東京専門学校政治学科卒業、明治33年(1900年)上水内郡会議員、同36年(1903年)長野県会議員となり、長野県参事会会長を兼任した。大正9年(1920年)第14回衆議院議員総選挙に当選し、同11年(1922年)電気事業視察のために欧米に外遊した。

小坂順造の姉千賀子と結婚して、小坂家一族の一員として政財界に影響力を発し、長野電灯社長、信濃銀行監査役などを歴任し、大正7年(1918年)信濃毎日新聞社長に就任した。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年(大正9年)、18頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』511頁。

出典編集

  • 『信濃人物誌』1965年。
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20 長野県姓氏歴史人物大辞典』角川書店、1996年。