メインメニューを開く

花布 辰男(はなぶ たつお、1912年12月17日 - 没年不詳)は、日本俳優[1][2]。本名同じ。別名は花布 辰夫(読み同じ)。大映の名脇役の一人である。

はなぶ たつお
花布 辰男
本名 同じ
別名義 花布 辰夫
生年月日 (1912-12-17) 1912年12月17日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市深川区(現在の東京都江東区
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビ映画
活動期間 1937年 - 1974年
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1912年12月17日東京府東京市深川区(現在の東京都江東区)に生まれる。1930年、東京府立第三中學校(現在の東京都立両国高等学校)を卒業と共に日本映画俳優学校の一期生として入校し、1934年に卒業する。同期に織田政雄がいた。

1937年新興キネマ大泉撮影所に入社し、同年に公開された青山三郎監督映画『煙る故郷』で映画デビュー。以後、脇役として多数の作品に出演した。1942年大映に統合された後は東京撮影所に所属し、1971年に倒産するまで長く活躍した。倒産後もフリーとなって出演を続けたが、1974年7月22日から9月28日まで放映されたフジテレビ制作のテレビドラマ愛染かつら』に出演して以降の出演作品が見当たらず、以後の消息は不明である。没年不詳

脚注編集

  1. ^ 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、459頁。
  2. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』日外アソシエーツ、2014年。

外部リンク編集