花柳喜章

花柳 喜章(はなやぎ よしあき、1924年1月5日 - 1978年1月3日)は日本の俳優。本名は青山勝[1]

1924年1月5日、兵庫県出身(1923年1月22日東京府出身とする説もある[1])。幼いとき俳優・花柳章太郎の養子となる。芸名は父親の名前から一字、章太郎の師匠の喜多村緑郎から一字貰い受け合成したものである[2]

1933年11月明治座で初舞台「侠艶録」のぼたんを演じた。俳優の養成同好会の「青年の会」で後進の指導に当たる。戦後は「山椒大夫」(1954年)、「春琴物語」(1954年)などの映画に出演した。その他、代表作としてNHK大河ドラマ花神』で西郷隆盛を演じている。1978年1月2日、新橋演舞場の初日の舞台で倒れ、人事不省のまま翌日54歳で早世した。

目次

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

編集

  1. ^ a b コトバンク
  2. ^ 劇団新派・俳優名鑑