花組芝居(はなぐみしばい)は日本劇団1987年(昭和62年)4月、演出作家俳優を兼任する加納幸和を中心に『ザ・隅田川』公演で旗揚げ。自らを「ネオかぶき」と称し、高尚になり、堅苦しく難解なイメージになってしまった歌舞伎を、 昔のように誰もが気軽に楽しめる娯楽にすること、いわゆる「歌舞伎の復権」を目指している。

歌舞伎と同じように俳優は男性のみであり、「女形」を演じる形になっている。

「ネオかぶき」は『現代用語の基礎知識』に掲載されている。

1996年(平成6年)、初のアメリカツアーを行った。

近年はプロデュース公演や外部俳優の招聘も多く行っている。所属俳優も積極的に他劇団の客演を行っている。

俳優編集

かつて所属していた俳優編集

主な上演作品編集

  • 『ザ・隅田川』
  • 『いろは四谷怪談』
  • 『櫻姫曙草紙』
  • 『怪誕身毒丸』
  • 『かぶき座の怪人』
  • 『あやつり任侠館』
  • 『花組沙翁劇 ロミオ&ジュリエット』
  • 『泉鏡花の夜叉ケ池』
  • 『三国妖狐伝』
  • 『花組をどり』
  • 『奥女中たち』
  • 『泉鏡花の草迷宮』
  • 『天変斯止嵐后晴』
  • 『聖ひばり御殿』
  • 『雪之丞変化』
  • 『悪女クレオパトラ』
  • 『泉鏡花の日本橋』
  • 『西鶴一代女』
  • 『泉鏡花の海神別荘』
  • 『泉鏡花の婦系図』
  • 『双面諏訪湖』
  • 『南北オペラ -金幣猿嶋郡-』
  • 百鬼夜行抄
  • 『シャンソマニア』
  • 和宮様御留
  • 『極猫大騒動 ゴクネコ mad Cats' panic』

外部リンク編集