花總まり

日本の女優

花總 まり(はなふさ まり、1973年[1]2月28日[1] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団宙組雪組トップ娘役[2][3]

はなふさ まり
花總 まり
生年月日 (1973-02-28) 1973年2月28日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年:宝塚歌劇団入団
1992年:星組配属
1993年:雪組へ異動
1994年:雪組トップ娘役就任
1998年:宙組へ異動、宙組トップ娘役就任
2006年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動再開
事務所 ブルーミングエージェンシー
公式サイト 花總まり 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート
ベルサイユのばら2001
ファントム
風と共に去りぬ
舞台
エリザベート
レディ・ベス
1789-バスティーユの恋人たち-
マリー・アントワネット
 
受賞
第29回『菊田一夫演劇賞』演劇賞(2003年)
第23回『読売演劇大賞』優秀女優賞(2015年)
第41回『菊田一夫演劇賞』演劇大賞(2016年)
第42回『松尾芸能賞』演劇部門優秀賞(2021年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

東京都[1][4]日本女子大学附属高等学校出身[1][2]。身長163㎝[2]。血液型O型[1]。愛称は「ハナ」[5]

所属事務所はブルーミングエージェンシー[1]

来歴編集

1989年、宝塚音楽学校入学。

1991年[6]、宝塚歌劇団に77期生として入団[7][2]月組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[7][4][3]

1992年[6]、組まわりを経て星組に配属[4][3]。同年、紫苑ゆう白城あやかトップコンビ大劇場お披露目となる「白夜伝説」で、妖精ミーミル役に抜擢され、注目を集める[4]

1993年の「うたかたの恋」で新人公演初ヒロイン[注釈 1][8][4]。同年8月3日付で雪組へと組替え[9][4][3]

1994年の「二人だけの戦場」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[4]。トップスター・一路真輝の相手役を務める[4]。同年3月29日付で雪組トップ娘役に就任[10][2]。トップ就任後第1作となる「風と共に去りぬ」では、娘役でありながら新人公演の主演を務め、スカーレットを演じた[2]。同年の「雪之丞変化サジタリウス」で、一路とのトップコンビ大劇場お披露目[10][3]

1996年、日本初演となる「エリザベート」で、タイトルロールでもあるエリザベート役を演じる[10][2]。自身の代表作の1つとなり、1998年の再演でも同役を演じた[11][10][2]。同公演をもって一路が退団し、その後は高嶺ふぶき轟悠の相手役を務める[12][3]

1998年1月1日付で宙組創設に伴う発足メンバーとして宙組へ組替え[13][14][2]。宙組の初代トップ娘役に就任する[14][2]姿月あさとの相手役として、「エクスカリバーシトラスの風」でトップコンビ大劇場お披露目[14][3]

2000年に姿月が退団後は和央ようかを5人目の相手役に迎え、「ベルサイユのばら2001」のマリー・アントワネット、「ファントム」の歌姫クリスティーヌなど、清楚な美貌と歌唱力を生かした大役を演じ、高い評価を受ける[2][14]

宝塚100年に1人の娘役との呼び声も高い中[2]、2006年7月2日、「NEVER SAY GOODBYE」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を和央と同時退団[15][7][16]。5人のトップスターの相手役を務め、トップ娘役としての任期は12年を超え、これは歴代最長記録となった[2][4][3]

退団後は2010年より本格的に芸能活動を再開[2]

2015年、東宝ミュージカル「エリザベート」でエリザベート役を演じる[17]。自身が宝塚時代に主演した代表作で、再びタイトルロールを演じることとなった[17]

2016年、第41回菊田一夫演劇賞の演劇大賞を史上最年少で受賞[2][18]

その後も日本演劇界のトップランナーとして、舞台を中心に活動を続けている[2]

人物編集

幼い頃からバイオリンを習い、音大進学を目指していたが、高校1年の時に1度目の受験で音楽学校に合格を果たした[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

東京公演のうち出典が「100年史(舞台)」のものは同書の注記[19]に基づき宝塚大劇場公演と同じ配役として記載する。

初舞台編集

組まわり編集

星組時代編集

雪組時代編集

雪組トップ娘役時代編集

宙組トップ娘役時代編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

ドラマ編集

CM編集

コンサート編集

  • エリザベート スペシャル・ガラ・コンサート』(2012年11月 - 12月/東急シアターオーブ、梅田芸術劇場) - エリザベート 役[67]
  • 『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(2016年12月 - 2017年1月/梅田芸術劇場、オーチャードホール) - エリザベート 役[注釈 4][78]
  • 『25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜』(2016年2月26日、27日/赤坂ACTシアター[79]
  • 『プレミアムシンフォニックコンサート〜花總まり・愛に生きた女王を綴る〜』(2020年1月17日/オーチャードホール、2月23日/NHK大阪ホール)[80]
  • 『プレミアムシンフォニックコンサート 〜花總まり・女王たちの物語〜 Xmasバージョン』(2020年12月12日/オーチャードホール)[81]

CD編集

  • 『花總まり ファーストアルバム Especially For You』(2016年)[82]

ラジオドラマ編集

  • FMシアター『あなたに似た街』(2017年4月1日/NHK-FM)- 江口みどり 役[67][83]
  • 青春アドベンチャー『斜陽の国のルスダン』(2017年8月21日 - 25日/NHK-FM)- 主演・ルスダン 役[67][84]
  • 青春アドベンチャー『紺碧のアルカディア』(2019年10月21日 - 11月1日/NHK-FM)- 主演・フェリチータ 役[67][85]
  • 青春アドベンチャー『ヨコハマ・ジャスミンホテル』(2021年5月10日 - 21日、NHK-FM)- メリケンお雪 役[67][86]

受賞歴編集

  • 1993年[9]、平成4年度 新人賞[87]
  • 平成16年度 優秀賞[88]
  • 1994年[89]、平成6年度(第25回) 娘役賞[90]
  • 2001年[91]、平成13年度(第32回) 娘役賞[92][注釈 5]
  • 平成16年度(第35回) 特別賞[92]
  • 1999年、第54回『文化庁芸術祭賞』 - 演劇部門優秀賞 (『激情/ザ・レビュー'99』カルメン役)[67][注釈 6]
  • 2002年、日本演劇協会賞 - 『鳳凰伝~カラフとトゥーランドット~』トゥーランドット役[67][注釈 7]
  • 2003年、第29回『菊田一夫演劇賞』 - 演劇賞(『BOXMAN』におけるケビンとドリーの見事なコンビに対して)[注釈 8][93]
  • 2015年、第23回『読売演劇大賞』 - 優秀女優賞(東宝版『エリザベート』 エリザベート役)[67][94]
  • 2015年、第41回『菊田一夫演劇賞』 - 演劇大賞(「エリザベート」におけるエリザベートの役の演技に対して)[95]
  • 2016年、『WOWOW 勝手に演劇大賞』 - 女優賞[67][96]
  • 2021年、第42回『松尾芸能賞』 - 演劇部門優秀賞[67]

褒章編集

  • 2019年、オーストリア共和国 有功栄誉金章[67] - オーストリアの歴史・文化を広めた功績[97]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 花總まり 公式プロフィール BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 花總まり プロフィール BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 宙組 花總まりも退団へ 産経新聞ENAK。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宙組 花總まり(1):タカラジェンヌ 夢の軌跡 産経新聞ENAK。
  5. ^ 『宝塚おとめ 2006年度版』 阪急コミュニケーションズ、2006年、137頁。ISBN 4-484-06504-5
  6. ^ a b 80年史 1994, p. 295.
  7. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 103.
  8. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 307.
  9. ^ a b 80年史 1994, p. 296.
  10. ^ a b c d e f g h 宙組 花總まり(2):タカラジェンヌ 夢の軌跡 産経新聞ENAK。
  11. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 178.
  12. ^ 100年史(人物) 2014, p. 149.
  13. ^ 100年史(人物) 2014, p. 039.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l 宙組 花總まり(3):タカラジェンヌ 夢の軌跡 産経新聞ENAK。
  15. ^ 100年史(人物) 2014, p. 074.
  16. ^ a b 宙組 花總まり(4):タカラジェンヌ 夢の軌跡 産経新聞ENAK。
  17. ^ a b 『エリザベート』花總まりロングインタビュー げきぴあ。
  18. ^ “第41回菊田一夫演劇賞、大賞は花總まり!演劇賞に梅沢昌代、駒田一ら”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/182021 2016年4月5日閲覧。 
  19. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 210.
  20. ^ 80年史 1994, p. 353.
  21. ^ 80年史 1994, p. 355.
  22. ^ 80年史 1994, p. 356.
  23. ^ 80年史 1994, p. 359.
  24. ^ a b 80年史 1994, p. 364.
  25. ^ a b c 80年史 1994, p. 362.
  26. ^ 80年史 1994, p. 360.
  27. ^ 100年史(舞台), p. 232.
  28. ^ 80年史 1994, p. 368.
  29. ^ a b c 80年史 1994, p. 367.
  30. ^ 80年史 1994, p. 369.
  31. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 308.
  32. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 232.
  33. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 172.
  34. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 246.
  35. ^ 90年史 2004, p. 45.
  36. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 173.
  37. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 174.
  38. ^ 90年史 2004, p. 59.
  39. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 217.
  40. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 233.
  41. ^ 90年史 2004, p. 73.
  42. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 175.
  43. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 177.
  44. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 334.
  45. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 235.
  46. ^ 90年史 2004, p. 105.
  47. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 179.
  48. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.
  49. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 261.
  50. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 262.
  51. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 181.
  52. ^ 90年史 2004, p. 136.
  53. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 182.
  54. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 183.
  55. ^ 90年史 2004, p. 150.
  56. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 184.
  57. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 247.
  58. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 185.
  59. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 269.
  60. ^ TAKARAZUKA REVUE 公演案内”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月3日閲覧。
  61. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 187.
  62. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 263.
  63. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 188.
  64. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月3日閲覧。
  65. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月3日閲覧。
  66. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月3日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 花總まり (PDF)”. BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE. 株式会社ブルーミングエージェンシー. 2021年8月19日閲覧。
  68. ^ 小池徹平&加藤和樹のWキャスト主演 ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が帝国劇場で上演”. シアターガイド (2015年6月19日). 2015年6月22日閲覧。
  69. ^ 本日も休診 | 明治座 公式サイト”. www.meijiza.co.jp. 2021年9月29日閲覧。
  70. ^ 「リトルプリンス」坂本真綾が体調不良で休演、代わって加藤梨里香が出演”. ステージナタリー (2021年10月6日). 2021年11月20日閲覧。
  71. ^ 「銀河鉄道999 THE MUSICAL」メーテル役は花總まり”. ステージナタリー (2022年2月7日). 2022年2月7日閲覧。
  72. ^ 中村勘九郎が花總まり、古川雄大らと進化型エンタメ演劇に挑む スペクタクルリーディング『バイオーム』の上演が決定”. eplus. 2020年4月23日閲覧。
  73. ^ ミュージカル『エリザベート』トート役に山崎育三郎・古川雄大・井上芳雄、東京ほか全国4都市で”. Fashion Press. 株式会社カーリン (2022年1月27日). 2022年1月28日閲覧。
  74. ^ 花總まり、瀬奈じゅんら出演ミュージカル「サニー」が来年上演 韓国、日本のヒット映画もとに”. 日刊スポーツ (2022年8月27日). 2022年9月21日閲覧。
  75. ^ “菅田将暉、菜々緒ら『直虎』で大河初出演 新キャスト発表”. ORICON STYLE. (2016年7月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2074937/full/ 2016年7月12日閲覧。 
  76. ^ “「精霊の守り人 最終章」 出演者発表!”. NHKドラマトピックス. (2017年1月15日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/260801.html 2017年1月16日閲覧。 
  77. ^ BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」12月11日スタート!”. NHK. 2020年11月4日閲覧。
  78. ^ エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート”. 梅田芸術劇場. 2021年8月19日閲覧。
  79. ^ “100年に1人の娘役トップ”花總まり、退団10年初ソロ公演”. スポニチ (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  80. ^ 花總まりが“女王を綴る”シンフォニックコンサートが大阪・愛知へ」『ステージナタリー』株式会社ナターシャ、2020年1月22日。2021年8月19日閲覧。
  81. ^ プレミアムシンフォニックコンサート〜花總まり・女王たちの物語〜 Xmasバージョン”. NHKプロモーション. 2020年11月1日閲覧。
  82. ^ 花總 まり ファーストアルバム Especially For You”. BLOOMING GROUP OFFICIAL WEBSITE. 株式会社 ブルーミングエージェンシー. 2021年8月19日閲覧。
  83. ^ あなたに似た街”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2021年8月19日閲覧。
  84. ^ 斜陽の国のルスダン(全5回)”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2021年8月19日閲覧。
  85. ^ 紺碧のアルカディア(全10回)”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2021年8月19日閲覧。
  86. ^ ヨコハマ・ジャスミンホテル(全10回)”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2021年8月19日閲覧。
  87. ^ 100年史(人物) 2014, p. 51-52.
  88. ^ 100年史(人物) 2014, p. 53.
  89. ^ 90年史 2004, p. 36.
  90. ^ 100年史(人物) 2014, p. 56.
  91. ^ 90年史 2004, p. 139.
  92. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 57.
  93. ^ 菊田一夫演劇賞(第30回~第21回)”. 一般社団法人 映画演劇文化協会. 2021年8月30日閲覧。
  94. ^ 第41回菊田一夫演劇賞、大賞は花總まり!演劇賞に梅沢昌代、駒田一ら」『ステージナタリー』株式会社ナターシャ、2016年4月4日。2021年8月30日閲覧。
  95. ^ 菊田一夫演劇賞 -映画演劇文化協会”. 映画演劇文化協会. 2022年2月28日閲覧。
  96. ^ WOWOW「勝手に演劇大賞2016」発表!男優賞に浦井健治、女優賞に花總まり」『ステージナタリー』株式会社ナターシャ、2017年3月10日。2021年8月30日閲覧。
  97. ^ 井上芳雄井上芳雄 エンタメ通信 第48回 「国歌独唱」は歌い出しの音が一番難しい」『NIKKEI STYLE』日本経済新聞社、日経BP(共同運営)、2019年7月20日、2面。2021年8月19日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 宝塚大劇場公演のみ(80年史 1994, p. 364)。(100年史(舞台) 2014, p. 307)
  2. ^ 2/7〜10のみ和央ようかと特別出演。
  3. ^ 当初キャスティングされていた神田沙也加が2021年12月に急逝し、花總が代役に起用された。
  4. ^ モニュメントバージョンに出演。
  5. ^ 90年史 2004, p. 139には「女役賞」、100年史(人物) 2014, p. 57には「娘役賞」と異なる賞名が記載されているが現在(2021年9月)最新版の100年史(人物) 2014の記載に基づき表記する。
  6. ^ ブルーミングエージェンシーの本人プロフィールに従い記載。文化庁芸術祭賞の該当年度の記録と宝塚歌劇団の公式記録では、花總に賞が授与されたという記載は無い。ただし、同公演の成果により「宝塚歌劇団 宙組」が同賞を受賞している。 出典:平成8年度(第51回)~平成17年度(第60回) (PDF)”. 文化庁. p. 4. 2021年8月30日閲覧。100年史(舞台) 2014, p. 336
  7. ^ ブルーミングエージェンシーの本人プロフィールに従い記載。日本演劇協会の該当年度の記録と宝塚歌劇団の公式記録では、花總に賞が授与されたという記載は無い。ただし、同公演の演出家・木村信司が公演の成果によって同賞を受賞している。 出典:社団法人 日本演劇協会賞”. 公益社団法人 日本演劇協会. 2021年8月30日閲覧。100年史(舞台) 2014, p. 336
  8. ^ ケビンを当時の宙組トップスター・和央ようか、ドリーを同組トップ娘役だった花總が演じた。和央と花總は同作・同理由で同時に受賞したが、賞は各個人に対して授与されている。

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 執筆:國眼隆一 著、編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子 編 『すみれ花歳月を重ねて―宝塚歌劇90年史―』宝塚歌劇団、2004年4月1日。ISBN 4-484-04601-6NCID BA66869802全国書誌番号:20613764 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク編集