花總まり

日本の女優

花總 まり(はなふさ まり、1973年2月28日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組宙組トップ娘役。

はなふさ まり
花總 まり
本名 醍醐まり子
生年月日 (1973-02-28) 1973年2月28日(47歳)
出生地 東京都
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマコンサート
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年:宝塚歌劇団入団
1992年星組配属
1993年雪組へ異動
1994年:雪組トップ娘役就任
1998年宙組創設に伴い、宙組トップ娘役就任
2006年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動開始
著名な家族 青江奈美(母)
事務所 ブルーミングエージェンシー
公式サイト 花總まり公式プロフィール
主な作品
舞台
マリー・アントワネット
エリザベート
レディ・ベス
宝塚歌劇
エリザベート-愛と死の輪舞-
ベルサイユのばら2001
ファントム
風と共に去りぬ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

東京都[1]日本女子大学付属高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型O型[1]。所属事務所はブルーミングエージェンシー

来歴編集

1989年宝塚音楽学校入学。同期には元星組トップスター安蘭けい、元花組トップスター春野寿美礼、元雪組トップスター朝海ひかるらがいる。

1991年、宝塚歌劇団に77期生として入団。月組公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」で初舞台。その後、星組に配属。

1993年、「うたかたの恋」で新人公演初ヒロインを務めた後、雪組へ組替え。

1994年、「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラ役(本役:一路真輝)で本来は入団して1年目~7年目までの男役が務める新人公演の主演を、娘役では異例の初主演を努めた。

1994年一路真輝の相手役として雪組トップ娘役に就任。

1996年、一路の退団公演「エリザベート」で、タイトルロールのエリザベート役を演じ、自身の代表作となる。一路退団後は、後任高嶺ふぶきの相手役となる。

1997年、高嶺退団に伴い、後任轟悠の相手役となる。

1998年、宙組に創設メンバーとして組替え。姿月あさとの相手役として初代宙組トップ娘役に就任。再演で2度目のエリザベート役を演じる。

1999年、「激情-ホセとカルメン-」が第54回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。

2000年、姿月の退団に伴い、後任和央ようかの相手役となる。

2001年、「ベルサイユのばら2001」でマリー・アントワネットを演じる。

2004年、「BOXMAN」ドリー役で、第29回菊田一夫演劇賞を受賞。

2006年7月2日、「NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。5人のトップスターの相手役を務め、12年3か月に渡るトップ娘役在任期間は宝塚歌劇団史上、最長であった[2]

2010年、「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」で、舞台復帰。

2012年、FROM FIRST(フロム・ファーストプロダクション系列)に所属し、公式ブログを開設。

2014年、現在の事務所に移籍。「レディ・ベス」で帝国劇場初主演。

2015年、東宝版「エリザベート」に主演。

2016年、第23回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞[3]。また、第41回菊田一夫演劇賞大賞を当時の最年少で受賞[4]

2017年、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で佐名役としてテレビドラマ初出演。

2018年、東宝製作のミュージカル「マリー・アントワネット」にて、主役マリー・アントワネット役として出演。

2019年、日本でのウィーンミュージカル成功への功績として、オーストリア政府よりオーストリア共和国有功栄誉金賞を受賞[5]

人物編集

母は元松竹歌劇団の青江奈美。1男3女の4人兄妹の末っ子[要出典]。5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習う。

中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年の時に音楽学校を受験し合格[要出典]

特技はヴァイオリン。趣味はダイビング読書ピラティスウォーキング[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

組配属前編集

星組時代編集

雪組時代編集

雪組トップ娘役時代編集

宙組トップ娘役時代編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

コンサート編集

  • 『25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜』(2016年2月26日・27日、赤坂ACTシアター[7]
  • プレミアムシンフォニックコンサート ~花總まり・愛に生きた女王を綴る~(2020年1月17日/オーチャードホール、2月23日/NHK大阪ホール)

テレビドラマ編集

テレビ・ラジオ番組編集

CM・広告編集

その他編集

CD編集

ソロ・アルバム

  • 『Especially For You』(2016年)

公演CD

  • 『モンテ・クリスト伯』ハイライト・ライヴ録音盤CD(2014年)
  • 『レディ・ベス』ハイライト・ライヴ録音盤CD(2014年)
  • 『エリザベート』2015年版キャスト 全曲ライヴ盤CD(2015年)
  • 『1789 -バスティーユの恋人たち-』 2016年版キャスト ハイライト・ライヴ録音盤CD(2016年)

PV

その他

DVD編集

公演DVD

  • 『モーツァルト!』2014年版キャスト(2015年)
  • 『エリザベート』 2016年版キャスト(2016年)
  • 『レディ・ベス』 2017年版キャスト Flower version(2018年)
  • 『マリー・アントワネット』 2018年キャスト M version(2019年)

その他

  • エリザベート スペシャル ガラ・コンサート(2012年)
  • 宝塚歌劇100周年夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』 (2014年)
  • エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート(2017年)

受賞歴編集

  • 2004年:第29回菊田一夫演劇賞演劇賞(「BOXMAN」)
  • 2016年:第23回読売演劇大賞優秀女優賞(「エリザベート」での演技に対して)[3]
  • 2016年:第41回菊田一夫演劇賞大賞(「エリザベート」での演技に対して)[4]
  • 2016年:WOWOW presents「勝手に演劇大賞2016」・女優賞
  • 2019年:オーストリア共和国有功栄誉金章

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ モニュメントバージョンに出演
  2. ^ 東京消防庁本所防災館内の防災シアター等で放映中(2012年7月11日現在)

出典編集

  1. ^ a b c d e 公式プロフィール
  2. ^ 宙組・花總まり退団、宝塚歌劇史上最長娘役トップ(スポニチアネックスOSAKA 2005年11月9日付 紙面記事)
  3. ^ a b 第23回読売演劇大賞の結果発表
  4. ^ a b “第41回菊田一夫演劇賞、大賞は花總まり!演劇賞に梅沢昌代、駒田一ら”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/182021 2016年4月5日閲覧。 
  5. ^ オーストリア共和国 有功栄誉金賞”. 2020年7月15日閲覧。
  6. ^ 小池徹平&加藤和樹のWキャスト主演 ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が帝国劇場で上演”. シアターガイド (2015年6月19日). 2015年6月22日閲覧。
  7. ^ “100年に1人の娘役トップ”花總まり、退団10年初ソロ公演”. スポニチ (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  8. ^ “菅田将暉、菜々緒ら『直虎』で大河初出演 新キャスト発表”. ORICON STYLE. (2016年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2074937/full/ 2016年7月12日閲覧。 
  9. ^ “「精霊の守り人 最終章」 出演者発表!”. NHKドラマトピックス. (2017年1月15日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/260801.html 2017年1月16日閲覧。 
  10. ^ “大河ドラマ「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜”. NHK ONLINE イベント・インフォメーション. (2017年1月15日). https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0297862/ 2017年3月27日閲覧。 

外部リンク編集