花鏡の庭(はなかがみのにわ)[1][2][3]は、愛知県春日井市にある中部大学25号館人文学部棟の中庭。庭の南東に配置する直径7mの水盤で開花した花を映し込む花鏡とし、水がこぼれ落ちる際に生じる水輪がいくつもの輪を作るように仕掛け、さらに水面に空や雲の色を映り込ませて自然を取り込んだ空間演出を施している他、自生樹木をいかした他多種の開花樹木と草花で構成している[4][5][6]。 設計者は岡田憲久[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岡田, 憲久 (2005). “中部大学25号館中庭「花鏡の庭」”. 名古屋造形芸術大学・名古屋造形芸術大学短期大学部紀要 (11): 1–6. https://ci.nii.ac.jp/naid/110001219550. 
  2. ^ 憲久, 岡田 (2005). “中部大学25号館中庭「花鏡の庭」”. 名古屋造形大学・名古屋造形芸術大学短期大学部紀要 / 同朋学園名古屋造形大学・名古屋造形芸術大学短期大学部 編 11: 1~6. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I7701079-00. 
  3. ^ 岡田憲久、田井洋子「中部大学25号館中庭「花鏡の庭」 | 文献情報 | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター」『ランドスケープ研究』第69巻、2006年、 12–13、 ISSN 1340-8984
  4. ^ 名古屋&万博の庭 / 庭 2005年7月号
  5. ^ 日本の庭|著者=岡田憲久|TOTO出版”. jp.toto.com. 2019年12月16日閲覧。
  6. ^ ランドスケープデザイン No.45 人と緑とアートの街づくり (マルモ出版, 2005.11)
  7. ^ ishigum. “第7回石組塾/座学-4レポート” (日本語). 石組塾. 2019年12月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集