メインメニューを開く

芸濃町(げいのうちょう)は、三重県安芸郡にあった2006年1月1日(旧)津市等10市町村で合併し、津市となり廃止した。

芸濃町
河内渓谷
河内渓谷
Geino Mie chapter.png
芸濃町章(1961年4月1日制定)
Flag of Geino Mie.png
芸濃町旗
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
津市、久居市河芸町芸濃町美里村安濃町香良洲町一志町白山町美杉村津市
現在の自治体 津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
安芸郡
団体コード 24382-5
面積 64.57km2.
総人口 8,566
(2004年10月1日)
隣接自治体 伊賀市津市亀山市
安芸郡安濃町美里村
町の木 ムクノキ
町の花 ヤマユリ
町の鳥 キジ
芸濃町役場
所在地 514-2292
三重県安芸郡芸濃町椋本6141-1
外部リンク 芸濃町Internet Archive
座標 東経136度25分43.2秒
北緯34度48分34.3秒
Map.Geino-Town.Mie.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

芸濃町役場(現・津市芸濃庁舎)は2004年(平成16年)度に竣工した[1]。6kmしか離れていない安濃町役場(現・津市安濃庁舎)も2005年(平成17年)度に建設されたため、合併前の「駆け込み事業」として両町は非難を浴びた[1]

  • 町長 横山雅宏

経済編集

本社を置いていた企業編集

教育編集

交通編集

鉄道編集

町内に鉄道路線は存在しないが、1944年までは津の新町までを結ぶ安濃鉄道線が存在した。

道路編集

高速道路

観光編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 「似た公共施設 重い負担 合併10年 統廃合の議論停滞」朝日新聞2015年4月23日付朝刊、名古屋本社版34ページ

外部リンク編集