芽ばえ』(めばえ、イタリア語: Guendalina, 「グェンダリーナ」主人公の名)は、1957年に製作・公開されたアルベルト・ラットゥアーダ監督によるイタリアフランス合作映画である[1][2][3]

芽ばえ
Guendalina
監督 アルベルト・ラットゥアーダ
脚本 レオナルド・ベンヴェヌーティ
ピエロ・デ・ベルナルディ
ジャン・ブロンデル
アルベルト・ラトゥアー
原作 ヴァレリオ・ズルリーニ
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
カルロ・ポンティ
出演者 ジャクリーヌ・ササール
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 オテッロ・マルテッリイタリア語版
編集 レオ・カットッツォイタリア語版
エラルド・ダ・ローマイタリア語版
製作会社 イタリアの旗 カルロ・ポンティ・チネマトグラフィカ
フランスの旗 レ・フィルム・マルソー
配給 日本の旗 イタリフィルム / NCC
公開 イタリアの旗 1957年2月20日
フランスの旗 1957年10月4日
日本の旗 1958年6月24日
上映時間 103分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

本作は、1957年にイタリアカルロ・ポンティの会社カルロ・ポンティ・チネマトグラフィカとディノ・デ・ラウレンティスが製作、同年2月20日にイタリア国内で、同年10月4日にはフランス国内で公開された[1]。同年、フランスのカンヌで開かれた第10回カンヌ国際映画祭コンペティションに出品された[1]。同年度のナストロ・ダルジェント脚本賞ヴァレリオ・ズルリーニレオナルド・ベンヴェヌーティピエロ・デ・ベルナルディ、アルベルト・ラットゥアーダの4人が受賞した[1]

日本では、イタリア・フランス公開の翌年の1958年にイタリフィルムが輸入し、同年11月25日に同社がニッポンシネマコーポレーション(NCC)と共同で配給して、公開された[2][3]。日本でのビデオグラムは、2010年8月現在発売されていない[3]

スタッフ編集

キャスト編集

クレジット順

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c d Guendalina, Internet Movie Database (英語), 2010年8月27日閲覧。
  2. ^ a b 芽ばえ、キネマ旬報映画データベース、2010年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c 芽ばえ、allcinema ONLINE, 2010年8月27日閲覧。
  4. ^ Maurizio Serra - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  5. ^ Leo Catozzo - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  6. ^ Eraldo Da Roma - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  7. ^ Raf Mattioli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  8. ^ Fanny Landini - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  9. ^ Loretta Capitoli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  10. ^ Leonardo Botta - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  11. ^ Antonio Mambretti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。

外部リンク編集