メインメニューを開く

若い広場』(わかいひろば)は、1962年4月8日から1982年4月4日までNHK教育テレビで放送された若者向けのトーク番組教養番組である。ただし、1966年4月から1969年4月まで番組タイトルを『若い世代』に変更する形で9年間放送した。

目次

概要編集

初期においては毎週2日間の放送で、放送時間は30分間であった。土曜日には青年を中心にスタジオに招いての座談会を、日曜日には高校生を中心にスタジオに招いてのショーを行った。日曜版は後に独立し、1963年4月から1966年3月まで『われら10代』と題して放送された。

『若い世代』の放送によって番組は3年間放送を中断したが、1969年4月にタイトルを復活した。また、『若い世代』からの流れでそのまま1時間番組になり、以後は13年間放送が続けられた。

1980年代漫才ブームを興すB&Bが東京進出する前の大阪最後の舞台で出演[1]した。1980年2月10日放送分では、当時テレビにはほとんど出演しなかった矢沢永吉が出演した。また、1982年3月21日放送分ではオフコースが出演した。

レギュラーコーナーもいくつか存在し、中でも有名作家などにおすすめの書籍とその理由を聞く「マイブック」コーナーが有名(原則として1人のゲストが4回連続で出演した[2])。

出演者編集

脚注編集

  1. ^ 1979年8月26日、B&Bラストin大阪(うめだ花月)。
  2. ^ 若き日の“あの人たち”が本音で語る一冊! - NHKアーカイブス・2015年6月26日

関連項目編集

外部リンク編集

NHK教育テレビ 若者向けのトーク番組
前番組 番組名 次番組
若い広場
(1962年4月 - 1966年4月)
若い世代
若い広場
(1969年4月 - 1982年4月)