若い日本の会(わかいにほんのかい)はかつての社会運動団体である。

概要編集

1958年に当時の自民党が改正しようとした警察官職務執行法に対する反対運動から生まれた石原慎太郎永六輔谷川俊太郎ら若手文化人による組織。1960年安保闘争で安保改正に反対を表明したことで知られる。
従来の労働組合運動とは違って、指導部もない綱領もない変わった組織であった。

メンバーには黛、江藤、浅利、石原など後に保守派に転じた人も少なくない。

その他のメンバー編集

など

関連項目編集