メインメニューを開く

若佐村(わかさむら)は、かつて北海道常呂郡にあった。現在の佐呂間町若佐地区。

わかさむら
若佐村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
佐呂間町、若佐村佐呂間町
現在の自治体 佐呂間町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 網走支庁
常呂郡
面積 151.409[1]km2.
総人口 5,424
(1955年国勢調査)
隣接自治体 北見市常呂郡常呂町
佐呂間町留辺蘂町相内村
紋別郡湧別町生田原町
若佐村役場
所在地 北海道常呂郡若佐村
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 1915年大正4年)
    • 4月1日 - 北海道二級町村制施行により常呂郡鐺沸村が村制施行し、鐺沸村(とうふつむら)となる。
    • 11月1日 - 大字鐺沸を分割して常呂郡常呂村へ編入し、村名を佐呂間村に改称。
  • 1948年昭和23年)4月1日 - 佐呂間村から分村して若佐村が発足。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 佐呂間村が町制施行し佐呂間町となる。
  • 1954年(昭和29年)- 若佐村内に11字を設置(栃木、富丘、朝日、武士、若佐、川西、中園、啓生、栄、大成、共立)
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 若佐村と佐呂間町が合併して佐呂間町を新設。

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和26年度第57回北海道統計(昭和26年3月31日北海道総務局統計課発行)参照

関連項目編集