メインメニューを開く

若子内 悦郎(わかこない えつろう、1950年3月30日 - )は、日本歌手東京都港区出身。若木 ヒロシちの はじめという名前でも活動。

目次

来歴・人物編集

当初はバンド「ザ・バロン」のベース&ヴォーカルとして活動。その後、NHKが行ったオーディションに合格。『ステージ101』の放送開始に際し、番組のために結成された「ヤング101」に合流した。他のメンバーの脱退により、最終的に残った芹澤廣明(放送当時の芸名は河内広明)と結成したデュオグループ「ワカとヒロ(ワカ&ヒロ)」として東芝(エキスプレス)よりデビュー。

1975年に解散後は、ヴォーカリスト、スタジオミュージシャンとして活動。郷ひろみ谷村新司浜田省吾CHAGE and ASKA吉田拓郎松田聖子KinKi Kids等、多くのアーティストのレコーディングやコンサートのサポートを行っている。

ヴォーカルトレーニングは、和田昭治デュークエイセスの創始者)。CMソング・テーマパーク・アニメソングなど多方面にわたって現在も活動中である。

山本正之と似た声質・歌唱のため同一人物と認識されていることがあるが、誤りである。

はじめ人間ギャートルズ』のエンディングテーマ「やつらの足音のバラード」(ちのはじめ名義)や、子供向け番組ひらけ!ポンキッキ』の挿入歌「パップラドンカルメ」の歌唱が、放映当時子供だった世代を中心に比較的よく知られている。

編集

  • 謎の円盤UFO(1971年、『謎の円盤UFO』主題歌)
  • シャドーのテーマ(1971年、『謎の円盤UFO』挿入歌)
  • 帰ってきたウルトラマン(1971年、『帰ってきたウルトラマン』主題歌)※東芝から発売のカバー盤。コーラスは少年少女合唱団みずうみ
  • MATチームの歌(1971年、『帰ってきたウルトラマン』挿入歌)※同上。
  • サンダーマスク(1972年、『サンダーマスク』主題歌)※「若木ヒロシ」名義。
  • 戦え!! サンダー(1972年、『サンダーマスク』副主題歌)※同上。
  • かぜよふけふけ(1975年4月、みんなのうたで放送。)
  • ながれ橋(『大江戸捜査網』エンディングテーマ)
  • やつらの足音のバラード(『はじめ人間ギャートルズ』副主題歌)※「ちのはじめ」名義。
  • パップラドンカルメ(1978年、『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌。キャニオン CX-113)
  • かえらなかった時計屋さん(1978年、『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌。キャニオン CX-114)
  • パナシのうた(『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌)
  • 地獄のジョー(1980年、『トム・ソーヤーの冒険』挿入歌)
  • Take Off!! スーパーGUTS(1997年、『ウルトラマンダイナ』挿入歌)※ピーカブー、MoJoとの合同ユニット「ナイトスキャッツ」名義。

コーラス参加編集

作曲編集

脚注編集

  1. ^ (1993年11月21日) 『シング!シング!サンリオピューロランド』のアルバム・ノーツ, pp. 3-17 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2048).
  2. ^ (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, pp. 19-20 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).

関連項目編集

  • 都倉俊一 かつて、「ウインズ」(現存するウインズとは無関係)として若子内と活動した。