メインメニューを開く

若山弦蔵の東京ダイヤル954(わかやまげんぞうのとうきょうダイヤルきゅうごうよん)は、1983年4月11日1995年4月7日まで、TBSラジオ(当時は東京放送が運営)で放送されていた夕方の情報&トーク番組である。

若山弦蔵の東京ダイヤル954
ジャンル 情報番組
放送方式 生放送
放送期間 1983年4月11日〜1995年4月7日
放送時間 月曜日 - 金曜日16:30〜17:45
(後に16:30〜18:00に拡大)
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ 若山弦蔵
テーマ曲 Norman Candler「Barbara Allen」
テンプレートを表示

目次

パーソナリティ編集

番組概要編集

1983年4月11日放送開始。前身番組は1973年4月スタートの「おつかれさま5時です」で、放送時間が16:30〜17:45(後に更に18:00まで拡大)になったのに伴いタイトルを改名した。冒頭は簡単なフリートークをしたのち「4時半を回りまして、TBSラジオは"東京ダイヤル954"」(のちに「TBSラジオ夕刊 "若山弦蔵の東京ダイヤル954"」)とコールし、更にフリートークをしたのち「今日も5時45分までどうぞご一緒に」とコメントして始めた(18:00終了となってからは言わなくなった)。

「おつかれさま」からの慣習として、17時(午後5時)の時報のあとに若山が必ず「ハイお疲れ様…5時です」とお決まりのセリフを言うことになっていた。

またエンディングは「お疲れさま…もうすぐ6時です」と挨拶して締めていたが、17:45に終了していた時代は「TBSラジオ、夕方のあなたのパートナーは若山弦蔵です。明日(みょうにち)も夕方4時30分、東京ダイヤル954でお会いしましょう」とあいさつし番組を終えていた。

番組が17:30を分岐点とした2部構成で、第2部の30分間を「夕刊TBS」としたあたりから阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件といった混沌とした時代背景のなか、番組も報道性が求められるようになったため、1995年4月7日の放送をもって前身時代を含め通算23年間・5734回に及ぶ放送にピリオドを打った。3日後の4月10日より『荒川強啓 デイ・キャッチ!』に移行した。

番組に内包される交通情報のBGMは、後期にはフォー・シーズンズのヒット曲「Sherry(シェリー)」のインストゥルメンタルが使われていたが、番組終了後に若山がパーソナリティを務めた「バックグラウンド・ミュージック」の交通情報でも継続して用いられた。

エンディング曲はジョルジュ・ジューバン異国の人Le Meteque)」。

タイムテーブル編集

1983年春(番組開始当初)・1985年春[1]

  • 16:30 オープニング、首都圏交通情報
  • 16:40 読売新聞イブニングトピックス
  • 16:45 共石イブニングミュージック
  • 17:00 ニュース、交通ニュース
  • 17:15 三菱ドライビングポップス(中原理恵
  • 17:25 ホンダ・イブニングダイアリー
  • 17:30 小沢昭一の小沢昭一的こころ

1985年春[1]

  • 16:30 オープニング、首都圏交通情報
  • 16:40 読売新聞イブニングトピックス
  • 16:45 共石イブニングミュージック
  • 17:00 ニュース、交通ニュース、科学万博トピックス
  • 17:15 三菱ドライビングポップス(中原理恵
  • 17:25 ホンダ・イブニングダイアリー
  • 17:30 小沢昭一の小沢昭一的こころ

1989年秋

  • 16:30 オープニング、首都圏交通情報
  • 16:40 読売新聞イブニングトピックス
  • 16:45 共石イブニングミュージック
  • 17:00 TBSニュース、TBSラジオ交通情報
  • 17:15 三菱ドライビングポップス〜奈保子のときめきトワイライト〜
  • 17:30 小沢昭一の小沢昭一的こころ

1992年秋

  • 16:30 オープニング、首都圏交通情報
  • 16:40 読売新聞イブニングトピックス
  • 16:45 共石イブニングミュージック
  • 17:00 ニュース、交通情報
  • 17:15 三菱ドライビングポップス(森川由加里のディア・フレンズ)
  • 17:25 三共ほっとインフォメーション(タイトル改題)
  • 17:30 小沢昭一の小沢昭一的こころ

1993年春

  • 16:30 オープニング、TBSラジオ交通情報
  • 16:35 共石イブニングトーク
  • 16:55 TBSニュース、スポーツヘッドライン、TBSラジオ交通情報
  • 17:05 三菱ドライビングポップス〜中嶋朋子ちょっと浪漫彩(ロマンいろ)〜(10分繰り上げ)
  • 17:15 小沢昭一の小沢昭一的こころ(15分繰り上げ)
  • 17:30 三共ほっとインフォメーション(5分繰り下げ、ここからは『夕刊TBS』のコーナー扱い)
  • 17:35 ネットワークTODAY
  • 17:50 がんばれ長嶋ジャイアンツ、エンディング


番組終了時

  • 16:30 オープニング、TBSラジオ交通情報
  • 16:35 JOMOイブニングミュージック
  • 16:55 TBSニュース、TBSラジオ交通情報
  • 17:00 フリートーク
  • 17:05 三菱ドライビングポップス〜中嶋朋子ちょっと浪漫彩(ロマンいろ)〜
  • 17:15 小沢昭一の小沢昭一的こころ
  • 17:30 三共ほっとインフォメーション(スクリプト:菅沼定憲)
  • 17:35 ネットワークTODAY
  • 17:45 東京TODAY
  • 17:55 TBSラジオ交通情報、エンディング

TBSラジオの番組表では、17:30以降を『夕刊TBS』のコーナー扱いとしていた。

内包番組編集

番組内では「共石イブニングライブラリー 〜ライバル達の物語〜」→「共石→JOMOイブニングミュージック」(共石イブニングコント)、「弦さんのサラリーマン情報」→「ホンダイブニングダイヤリー」→「三共ほっとインフォメーション」といった若山自身が担当するコーナーに加え、「三菱ドライビングポップス」、「小沢昭一の小沢昭一的こころ」、「ネットワークTODAY」(1993年からの17:35スタート時に内包し、若山も出演。それまではこの番組終了後「ニュースハイライト」を放送)等の帯番組を挿入した。

  • 「イブニングライブラリー」は1983年度下半期に放送されたもので、TBS以外の各局には事前収録したものを放送していた。
  • 「サラリーマン情報→イブニングダイヤリー→ほっとインフォメーション」 毎週ある1つのテーマに沿ってそれに関連した様々な情報を若山が紹介するというものだった。これもTBS以外は事前収録したものだった。

なお「小沢昭一的こころ」は17:30開始時代はネット局よりわずかに早くスタートさせることで、東京ダイヤル954としてのエンディングの時間を捻出していた。また、若山の「この後は小沢昭一さんです」に続けて「この番組は・・・」とクレジットがスタートしていたため、地方局のように何の番組か分からないオープニングとなったことはない。

脚注編集

  1. ^ a b 「ラジオマニア2010」より。
TBSラジオ 16:30~17:45→16:30~18:00
前番組 番組名 次番組
全国こども電話相談室
(16:30~17:00)
※30分繰り上げて継続
おつかれさま5時です
(17:00~18:00)
若山弦蔵の東京ダイヤル954