メインメニューを開く

若月 紫蘭(わかつき しらん、1879年2月10日 - 1962年7月22日)は、日本の劇作家演劇研究家、翻訳家

若月 紫蘭
誕生 若月保治
1879年2月10日
日本の旗 日本 山口県
死没 (1962-07-22) 1962年7月22日(83歳没)
職業 劇作家翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学
代表作青い鳥』(翻訳)
所属 新劇研究所
後に、紫蘭の号を捨てて人形浄瑠璃の研究を行う。
山口大学講師(1950年より)
テンプレートを表示

経歴・人物編集

山口県出身。本名・若月保治山口高等学校を経て、1903年東京帝国大学卒業。兵庫県洲本中学校教諭、石川県七尾中学校校長代理ののち、1908年「万朝報」の記者となり、1921年「人と芸術」を創刊。1922年万朝報を辞職、新劇研究所を設立した。千代田高等女学校教諭、1928年東洋大学教授として国文学を教え、1933年千代田女子専門学校および帝国女子専門学校教授を兼任。紫蘭の号を捨てて人形浄瑠璃の研究に専念した。1945年戦災に遭い帰郷、1950年より山口大学講師。『青い鳥』を翻訳した。

著書編集

  • 夜叉の首 冒険怪譚 若月保治 本郷書院 1907.12
  • 英文手紙の書き方 若月保治 文成社 1910.11 (初等英文叢書)
  • 英文法の覚え方 若月保治 文成社 1911.3 (初等英文双書)
  • 東京年中行事 春陽堂 1911 のち平凡社東洋文庫、大空社
  • 英語練習ノート 若月保治 東亜堂 1912
  • 蓄音器の話 若月保治 朝報社 1912 (児童理科叢書)
  • 自動車の話 若月保治 朝報社 1912 (児童理科叢書)
  • 電車の話 若月保治 朝報社 1912 (児童理科叢書)
  • 活動写真の話 若月保治 朝報社 1912 (児童理科叢書)
  • 汽車の話 若月保治 朝報社 1912.8 (児童理科叢書)
  • 飛行機の話 若月保治 朝報社 1912.8 (児童理科叢書)
  • アアヴィングスケッチ・ブック講義 若月保治 日進堂 1914
  • 軍神広瀬中佐の修養法 若月保治 修養叢書 新月社 1920
  • 努力成功の実例 若月保治 修養叢書 新月社 1920
  • 最新統一面白い手旗信号法 陸海軍商船及青年団用 若月保治 新月社 1921
  • 滅び行く家 社会劇 極光社 1921
  • 若月紫蘭戯曲集 第2 石田三成の死 極光社 1922
  • 政治家の犯罪 若月保治 聚芳閣 1924
  • 若月紫蘭戯曲集 第3 宗教史劇殉教者の群 新月社 1927
  • 若月紫蘭戯曲集 第4 喜劇父の真似 新月社 1928
  • 若月紫蘭戯曲集 第5 光秀と三成 新月社 1928
  • 銀鐘 短歌・俳句 新月社 1930
  • 第二の扉 人生最高悲哀の体験記 新月社 1930
  • 近松人形浄瑠璃の研究 若月保治 第一書房 1934
  • 女子と文芸 若月保治 新月社 1934
  • 紫蘭句集 新月社 1934
  • 短歌の道しるべ 新月社 1935
  • 十二段草子の研究 若月保治 新月社 1938
  • 古浄瑠璃の新研究 慶長・寛文篇、延宝・享保篇、補遺篇 若月保治 新月社 1938-1940
  • 人形浄瑠璃三百年史 若月保治 新月社 1941 改題「人形浄瑠璃史研究」
  • 操浄瑠璃年表と諸文庫目録 若月保治 新月社 1941
  • 新なる黎明 歌集 若月保治 新月社 1942
  • 春の影 若月保治 日大堂書店 1943
  • 近世初期国劇の研究 若月保治 青磁社 1944
  • 心の旅 俳諧紀行 若月保治 新月社 1944
  • 近松浄瑠璃の本質と綜合美的研究 若月保治 新月社 1951
  • 元禄歌舞伎と近松研究 若月保治 私家版 1954
  • 近松芸術と元禄歌舞伎 若月保治 私家版 1957
  • 若月保治浄瑠璃著作集 全8巻 クレス出版 1998

翻訳編集

参考文献編集

  • 出来成訓「若月保治と英文学」(『英学史研究』、1972年)