若木(じゃくぼく)は、中国の伝説で西のはてにあるとされる巨木である。

山海経』(大荒北経)には赤い木で、青い葉・赤い華であると記されており、郭璞の注による増補では崑崙の西にあたる西極(西の果て)に立っている[1]とも書かれている。『淮南子』墬形訓では、建木からみて西に生えており、枝には10個の太陽かついて地を照らしている[2]とある。

建木や、東のはてに立っている扶桑と共に、世界を構成する重要な役割をもつ巨樹・神樹と見られていたと現代では考えられている。中国の三星堆遺跡から出土した青銅器(青銅神樹)は、この若木をかたどっているのだろうと考察されている[3][4]

太陽と巨樹編集

東のはて(東極)の扶桑と西のはて(西極)の若木は、ともに太陽がこれをつたって天地を移動する巨大な木という役割をもって考えられていたとみられている。『楚辞』天問の太陽について書いている箇所には若華(じゃくか)[5]という語が見られ、これは扶桑や若木をつたって空にのぼる太陽を花と表現したものである[6]

若木は、『山海経』では大荒北経のほぼ最後(大荒北経は東北から西北にいたる構成)に記載されているが、「日月の入るところ」(日没の地)という表現は、むしろ大荒西経[7]に必要以上に頻発する。対となる「日月の出るところ」は大荒東経に同様に多用されており、こちらには扶木(扶桑)の記述がある。昆侖(崑崙)や西極についての記述も大荒西経に存在する点からみれば、「西」に位置するものであるといえる。

このような若木や扶桑に関する記述から、古代中国では日や月が、水で浴(ゆあみ)をし、巨樹をつたって空をのぼりおりする動きをとるという伝承をもっていたと考えられている。

日本での若木という語の受容や言及は、扶桑に較べると小さく、辞書扶桑国を解説する文脈上で言及する程度にとどまっているようである。たとえば、『下学集』(15世紀)には「扶桑国」の解説文「朝暾必昇於若木扶桑之梢」に「若木」の名が登場する。これは「日本」の異名としての扶桑国を説明するなかで中国の古典に見られる太陽と巨樹の説を引いたものである。この文は『節用集』(文明本、15世紀)などにはほぼ同じかたち、『運歩色葉集』(16世紀)では「朝日必昇若木之梢」と「扶桑」が欠けたかたちで引かれているが、いずれも使用箇所は「扶桑国」であり、主題が「若木(と扶桑)」では無い点で一貫している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『山海経 中国古代の神話世界』 高馬三良 訳 平凡社平凡社ライブラリー〉 1994年 ISBN 4582760341 172頁
  2. ^ 『淮南子』墬形訓「若木在建木西,末有十日,其華照下地」
  3. ^ 『三星堆 中国5000年の謎・驚異の仮面王国』 毎日新聞社テレビ朝日 1998年 94-95頁、218頁
  4. ^ 萩原秀三郎 『稲と鳥と太陽の道』 大修館書店 1996年 ISBN 4-469-23127-4 63-65頁
  5. ^ 『楚辞』天問 「日安不到燭龍何照, 羲和之未揚若華何光」
  6. ^ 小見清潭 『国訳漢文大成』文学部第1巻 国民文庫刊行会 1922年 153-154頁
  7. ^ 『山海経 中国古代の神話世界』 高馬三良 訳 平凡社平凡社ライブラリー〉 1994年 ISBN 4582760341 161-166頁