メインメニューを開く

若林 仁英語: Hitoshi "Mel" Wakabayashi 1943年4月23日-)は、カナダブリティッシュコロンビア州出身の元アイスホッケー選手。ポジションはセンター。右利き。日本に帰化するまではメル若林としてプレーした[1]

来歴編集

1943年にブリティッシュコロンビア州で生まれたが太平洋戦争中、彼の一家は何千人もの日系カナダ人と共にオンタリオ州に移り住んだ。1950年に一家はチャタムに移った[2]

1963年に奨学金のオファーを受けたミシガン大学へ入学、この年はNCAAの規定によりプレーできなかった。1964年ミシガン大学ウォルバリンズのメンバーとして21得点、17アシストをあげ、NCAAでチャンピオンとなった。この年マイナーペナルティを1回受けたが、これは大学在学中唯一のペナルティである[2]。1965年に17得点、21アシストをあげてオールアメリカンファーストチームに選ばれた[2]1966年に19得点、33アシストをあげてウエスタン・カレッジエイト・ホッケー・アソシエイション英語版(WCHA)のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

日本アイスホッケーリーグでは第2回より西武鉄道アイスホッケー部に加入、第7回からは西武鉄道から独立したチーム、国土計画アイスホッケー部で6シーズンプレーした[1]

アイスホッケー日本代表のコーチを務めており、これには1980年レークプラシッドオリンピックが含まれている。

1984年から1994年まで国土計画の監督を務めた[2]

その後、西武グループのカナダ法人である、セイブ・カナダ(Seibu Canada)の代表となった[2]2001年にWCHAのTop 50 Players in 50-year history of the conference(過去50年の上位50選手)の1人に選ばれると、2006年にはミシガン大学の運動殿堂入り(英語)を果たした[2]

2011年7月から日本アイスホッケー連盟副会長兼強化本部長に就任。

若林修は実弟。息子の若林クリス西武鉄道アイスホッケー部の解散時の監督で[3]、その後東北フリーブレイズヘッドコーチに就任している[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』32頁、229頁 日本アイスホッケー連盟 2001年
  2. ^ a b c d e f MEL WAKABAYASHI”. chathamsportshalloffame.com. 2012年5月26日閲覧。
  3. ^ アイスホッケー西武は譲渡先なく解散”. THE STADIUM (2009年3月31日). 2011年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月26日閲覧。
  4. ^ 加藤じろう (2007年5月18日). “父親のような存在”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月26日閲覧。

外部リンク編集